知名度

知名度が100%な人とかキャラクターてあるのかな
ぁとふと考える事があります。

一昔前なら「長嶋茂雄」「王貞治」はそれに近い感じ
ではなかたでしょうか?
芸能人では「石原裕次郎」「美空ひばり」でしょう。
でも今となると長嶋?だれ?と言う子供もたくさん居る
でしょうね。

今ではスポーツ界では「イチロー」あたりでしょうか?
「大谷翔平」「カズ」「福原愛」が次点でしょうかね?

芸能人では「SMAP」「嵐」「ビートたけし」
「明石家さんま」「所ジョージ」「タモリ」が有力
です。

キャラクターになると結構有力なものがあります。
「ドラえもん」「あんぱんまん」「スヌーピー」
「ミッキーマウス」あたりが4強でしょうか?
次点はサザエさん、ムーミン、キティーちゃんです
かね?

トータルで1位を考えるとミッキーマウスではない
でしょうか?
まぁどうでもいいかもしれませんが…

[PR]

# by suzukiayn | 2017-07-01 14:41 | Comments(0)  

サニブラウン

陸上の男子100mが凄い事になってます。
9秒台を狙える選手が桐生選手、山縣選手、ケンブリッジ飛鳥選手
多田選手の4人と思いきやサニブラウン選手が割って入り日本選手権
でいきなり優勝、それも200mと2冠達成です。
 
この後の世界選手権の代表はサニブラウン選手、ケンブリッジ選手
多田選手の3人になり、桐生、山縣両選手は落選してしまいました。
何とレベルの高い選手権だったことか…

優勝したサニブラウン選手は今までの9秒狙いの選手とは少し違う
感じです。

まずはその体躯。
ガーナ人の父と日本人の母との間に生まれたハーフで188㎝と
体格にも恵まれています。
これは今までチャレンジして来た人達にはいないタイプです。

そして生まれた環境でしょう。
もともとお父さんがガーナ人ですからトレーニング環境や海外
レースなど世界へ出ていく事に抵抗が有りません。
今回の躍進も海外でのトレーニングの成果だと言われています。

最後に性格です。
彼の中で9秒台はあまり眼中に無い様で
「海外の早い選手と競っていればそのうち出るかもしれません」
と至ってクールです。
9秒台を意識しないのが9秒台への近道と言う事なんでしょう。

今までのチャレンジャーは確かに9秒と言う大きな目標に対して
プレッシャーを受けている感じがしました。
比較的若い頃に好タイムを出し、期待が高まりますが結局伸び悩
むパターンが多いです。

私個人的には今まではスタートの安定している山縣選手が1番
9秒台に近いと思っていましたが、規格外のサニブラウン選手
がぐっと「初」に近づいた感じです。
さてどうなるでしょう?



[PR]

# by suzukiayn | 2017-06-27 11:42 | Comments(0)  

夢にまで見た「1番長野」

巨人がやっと絶不調から抜け出したようです。
でもまだ安心はできませんが、また13連敗するよう
な感じではなさそうです。

巨人ファンのいけないところは「まだ優勝できる」と
思い込んでいることでしょうか?
私も心の奥底では「まだ…」と思っていますが、その
前にチームとしてやることがあります。

広島カープにやられっぱなしがどうにも腹立たしい。
カープを倒さなければお話になりません。
後半はカープにリベンジです。

で、その秘策が「長野1番」です。

私は常々長野選手を不調でも使い続けるなら絶対1番バ
ッターだと思っていたんです。
結構自由人な長野選手には制約無く勝手に打たせた方が
良いと思うんです。
言わば直感だけで打つと。

1番バッターとしての制約はピッチャーに球数を多く
投げさせる、その位なんで、ま、それは嫌なら嫌でどう
ぞご自由に的に打たせれば結構打ちます、きっと。

日々そんな事を思っていたら夢で見たんです、1番長野
が活躍する夢を。
するとその翌日、急に高橋監督が「1番長野」を今季初
めて指名したんです。
…すぐやめちゃいましたけど。

それから連敗が続き、怪我から復帰した陽岱鋼選手が1
軍に加わりその陽選手が1番に。
「1番長野」は難しい状況になってしまったかと思いき
や、頭に死球を受けた陽選手が欠場したら1番長野の復
活です。

そして結果も上々、3安打です。
個人的には1番長野、2番陽がお薦めです。
この2人がかき回し広島にリベンジです。
…そして優勝…そこまでは欲張らない方がいいか…
[PR]

# by suzukiayn | 2017-06-17 17:08 | Comments(0)  

アスレチック

休みに子供達と千葉県にあるロマンの森と言う公園に
行って来ました。

そこに行ったのは2度目なんですが、初めて行った
ときは娘たちは5歳くらいだったのでアスレチック
は無理と判断してチャレンジしませんでした。

今回「あの時チャレンジしなかったから」と言う事に
なり、朝起きてから急きょ行く事になりました。
当然、妻も私もアスレチックにチャレンジです。

丸太を登ったり、平均台の様に渡ったり、まぁ頭で
想像していたレベルのお題が殆どだったんですが、
ぶら下がっている物から次のぶら下がっている物へ
移るお題が難しいんです。

昔ならこんなの何でもないと言いたい所なんですが
重心が高くなったせいでフラフラしたりグルグル回っ
てしまったりしてどうにもこなせないんです。

バランスが取れない分、力技でこなそうとしましたが
筋力的にも怠けたおじさんの体にはかなり厳しく翌日
は完全に筋肉痛です。
でも何故か左足太ももが一番痛いんです。
普段、左足を怠けさせているって事なんでしょうかね?

翌朝、恐る恐る起きてみると痛い痛い。
でも目覚めの爽快感は何か久しぶりな感じでこういうのを
アクティブレストと言うんでしょうか?
痛みよりも、充実感が上回り気持ちよく目覚めました。
体を動かす事が健康に良い事なんだと実感できた休日
でした。
[PR]

# by suzukiayn | 2017-06-12 17:31 | Comments(0)  

宮里 藍

女子プロゴルフの人気者、宮里藍さんが引退するそう
です。
まだ31歳、随分早い引退です。

理由はモチベーションの維持が難しいからとの事です。
やっぱりメンタル的な負担の大きいゴルフは続けてい
く事が難しいんでしょうか?

周囲の期待が大きく、テレビコマーシャル等のスポン
サーが付けば活躍しない訳にもいきませんからね。
好きなゴルフも楽しめない、そんな心境なんでしょう
かね。

見る側は家でゴロゴロしながら勝手な事言っていれば
良いんですから、楽なもんです。
実際にトップクラスでプレーする人は大変です。
高校生の時から好きな事はみんな我慢してゴルフに専
念して来たでしょう。
確かに多くの賞金も稼いだでしょうが、今、この年齢
でやってみたい事、始めて見たい事当然ありますよね?

でも出来ない、始められない、きっとそんな事の連続
で今日まで来たんでしょう。
ましてゴルフはやる気が有れば70歳位まで出来ます
からね。
こんな生活が後40年も続くかと思えば辞めたくもな
ります、普通。

同じ女性アスリートのスキージャンプ、高梨沙羅さん
も1年で自宅に帰るのは5日と無いとか。
それは確かにモチベーションを維持するのは大変なの
も判ります。

ただ伊達公子さんみたいに40歳過ぎてからまた復活
なんていう良い事例も有ります。
女性の場合は結婚、出産というどうしてもプレーの出
来ない時期も有り得ますから完全引退しなくてもいい
のではないでしょうか?

心の中でまた藍ちゃんのプレーが見たいなぁと密かに
思う事にします、プレッシャーにならない様に。

ただ…男性の場合はいけません!
男に二言は無い!!でしょう。
大仁田厚さんの様に何度も引退撤回ではオオカミ少年
同様、今に誰も信じなくなりますよ。
[PR]

# by suzukiayn | 2017-05-30 18:11 | Comments(0)