<   2017年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

雪崩

また痛ましい事故が起こってしまいました。
那須温泉ファミリースキー場で雪崩が起き高校生
を含む8名が亡くなりました。

最近の様に春が近づき暖かくなったかと思えば急
に寒くなり雪が降ったりすると雪崩が起きやすく
なるそうです。
まさにそんな中での悲劇です。

私は最初はてっきりスキー教室か何かで事故にあ
った思ったのですが、雪山登山の練習と言う事の
様です。
当初の予定になかったラッセル訓練という深い雪
の中を進む練習中に雪崩に巻き込まれたそです。
数日前の大雪で積雪が多く、訓練に丁度いいと
思ってしまったのでしょうか。

ただ当日は「起きやすい」レベルではなく。雪崩注
意報が出ていてスキーは全面禁止だったそうですから、
この訓練も当然中止すべきでした。

高校生の山への情熱を安易に刈り取ってしまう事も
避けたいとは思いますが、危険な時は止める、山は
そんなに甘くないという基本をしっかり先に教える
べきです。

今回は教える大人が山を甘く見た結果だと思います。
基本が出来てない人が冬山を教えるなんて有り得ま
せん。
[PR]

by suzukiayn | 2017-03-29 15:17 | Comments(0)  

逆転優勝

ちょっと遅くなりましたが、横綱・稀勢の里が大関
照ノ富士を本割、決定戦と連勝し逆転で優勝しまし
た。

横綱として初めて挑んだ場所でしたが、順調に連勝
を重ねすんなり優勝するかと思いきや、13日目の
日馬富士との一番で左肩を怪我してしまい翌日の
鶴竜戦は何も出来ず乾杯。
星勘定も明日の相手大関・照ノ富士に抜かされ万事
休すと思われました。

ですが千秋楽の本割で立ち合い少し変わったものの
上手く回り込んで追いつき、優勝決定戦では2本差
されたものの(恐らく作戦?)その差された腕を極
めながら下手投げで勝利、見事逆転で優勝しました。

横綱の意地の様なものを感じ感動しました。

ただ相手の照ノ富士も古傷の膝を痛めて万全ではなく
その上完全に場内が稀勢の里一色、そんな中で連敗で
したから何だか可哀想でしたね。

稀勢の里が優勝した今場所でしたが、他の話題として
は稀勢の里の弟弟子の高安関が12勝で来場所大関に
挑戦できそうです。
また新入幕の宇良関、小兵ですが見事勝ち越しで来場
所も楽しみです。

さて来場所はどんな場所になりんでしょうか?
[PR]

by suzukiayn | 2017-03-28 14:34 | Comments(0)  

教育勅語

昔、学校で聞いたことが有る言葉「教育勅語」ですが
最近、よく耳にします。
何処で耳にするかはさておき、「教育勅語」って何だ
っけ?と思う方も多いと思いますのでちょっと調べて
みました。

分かり易く言うと明治天皇の教育と言うよりも道徳に
対するお言葉です。

主な内容は
天皇家の祖先が国を始めてから長い時間がすぎたけれど
広く道徳を広めたい。
親子、兄弟、夫婦、友達と仲良く過ごし、親孝行をして、
博愛の精神をもち憲法を守りそれに従い、良く働き、良
く学び、人に優しく、自分には厳しく精進しなさい。
私だけが良識的ではだめなので国民皆で道徳心を高めて
国の危機には困難に立ち向かい皇室の運命を助けるべき
協力して欲しい…こんな感じでしょうか?

第二次大戦後にGHQに朗読を禁止され、その後衆議院
で廃止されています。

この教育勅語に対する評価がはっきりと二分されます。
今も昔も色々なところで意見の対立が続いています。

単純に普遍的な「良い事が書いてある」と言う意見が一つ。

他方、勅語とは天皇陛下の政治、行政への意思表示で軍国
時代の天皇陛下からのお言葉は再度軍国主義へと繋がると
いう発想と天皇制を中心とした思想そのものを否定する考
え方、またそもそも廃止されているからダメという考え方
が主な反対意見です。

確かに文脈、文間を深読みすれば見える様な見えない様
な何かが有るようにも思えます。
原文を読めばなおさらでしょう。

この「教育勅語」を今の子供達に基本精神として教える…
確かに難しい問題です。
皆さんはどのように感じますか?
[PR]

by suzukiayn | 2017-03-25 16:32 | Comments(0)  

残念!

侍ジャパンがアメリカに負けてしまいました。
1対2と僅差での敗戦、残念です。

予選で無敗ですから、まあ世界はそんなに甘くない
ですね。

菅野、千賀、平野、宮西、秋吉のリレーで2失点での
敗戦はもう仕方が有りません。
ベストメンバーを出し惜しみしなかった小久保采配に
あっぱれと言いたいです。

ちょっと悔しいのは『菅野?良く知らないよ』と、
とぼけていたアメリカの監督の鼻をへし折ってやれな
かった事位ですかね?

まぁでもさすが野球の本場、アメリカです。
見事な投手リレーで1失点ですからリスペクトを忘れて
はいけませんね。

選手も監督もコーチ陣もスタッフの皆さんよく頑張って
くれました。
野球はやっぱり面白い!とつくづく思いました。

さて、これが終わればペナントレースです。
オープン戦最下位のジャイアンツは大丈夫ですか~???
[PR]

by suzukiayn | 2017-03-22 15:56 | Comments(0)  

戦国武将

何故か急にオリジナル好きな戦国武将ランキングが
作りたくなりました。
私は好きな戦国武将は基本的に関ケ原を中心に考えます。
もちろん西軍が好きです。
それと「義」ですね。
ですから、どうも家康のずるさが好きになれません。

では私のランキング…

1位 上杉謙信
2位 石田三成
3位 真田信繁
4位 直江兼続
5位 大谷吉継
6位 後藤又兵衛
7位 織田信長
8位 前田利家
9位 高坂弾正
⒑位 浅井長政

こんな感じでしょうか?

関ケ原と言っておきながら1位は上杉謙信。
武田信玄が塩を手にできなかった時に
「敵に塩を送る」逸話なんてまさに武将の中の武将、
その信玄の死を聞いた時もこの上なく悲しいと涙した
心優しき英雄です。
越後にこだわり、他国を欲しない欲のない所がまた
ロマンですね、カッコいいです。

2位の石田三成はまさに関ケ原、西軍の大将です。
豊臣家への忠義は特筆で、「義」と言えば私はこの人
がNO1だと思います。
頭が良く、戦いのない世の中を目指した影の改革者、
関ケ原で勝っていたらと思わせる悲劇のヒーローです。

3位は真田信繁、別名真田幸村です。
大河ドラマにもなりましたが、やはりこの人の生き方
はドラマチック、戦術に長けていて、家康嫌いが私的
にはかなり好印象です。

4位の直江兼続もやはり「義」の武将です。
秀吉、三成と上杉景勝、兼続の4人での顔合わせ(落水
盟約)で同盟を約束、その約束を最後まで貫き、再三の
家康の上洛要請を「今、普請で忙しい」と家康を無視、
激怒した家康を会津に向けておびき出しました。
いいですねぇ、スカッとします。

5位の大谷吉継は石田三成の親友、石田の為に不利と
思っても味方したやはり「義」の武将です。
子供の頃から癩病、今で言うハンセン病を患い、顔を見
られたくないと頭巾を被っていたと逸話がるどこか陰の
ある武将です。
実際は定かではないようですが、関ケ原の時目が見えず
神輿に乗って参戦したのは本当の様です。
目が見えないのに関ケ原に参戦する…好きですねぇ。

6位は後藤又兵衛、浪人までした苦労人ですが、武勇に
優れ、家康からも味方にと誘われたが
「豊臣の恩を忘れた家康は武士道に反する」と、なんと
良い言葉!
大阪の陣で散ってしまいましたが、彼の名は汚れません
でした。

7位は織田信長、暴力的ですが何故か嫌いになれない
不思議な武将です。
圧倒的なカリスマ性が魅力なんでしょう。
信長の話は語るに及びません。

8位は前田利家、五大老の一人ですが同じ五大老の家康
の目の上のたんこぶ、家康も利家にはあまり逆らえなか
ったとか。
家康より早く病死してしまった事が関ケ原への動きに
繋がってしまいました。
もう少し長く生きていたら、この人が秀吉の後を引き継
いだかもしれません。

9位は高坂弾正昌信、謙信派の私としては珍しく、信玄
の家臣のランクインです。
この人のあだ名?が「逃げ弾正」
晩年、戦にあまり参加しないで逃げていた…と誤解もされ
ていますが、信玄が戦から撤退する時にいつもしんがり
(最後尾)を買って出たのが本当の理由の様です。
忠誠を誓い、武田の為に一番危険なしんがりを買って出る、
やはり「義」の武将です。

最後10位は浅井長政、嫁の兄信長と朝倉家との板挟み、
やはり同盟国は裏切れないと信長に牙をむいた、やはり義
の武将です。
信長に敗れ自害しましたが逃げ延びた3人の娘は有名です。
が、嫡男の万福丸は後に捉えられ信長に斬首されました。
戦国の習いとは言え、信長が私の中でもっと上位にランク
インしないのはこの辺が理由でしょうね。

と言う事で私の戦国武将ベストテンでした。
…疲れたぁ
[PR]

by suzukiayn | 2017-03-18 13:08 | Comments(0)  

キングカズ

カズ選手が50歳にしてまたもゴールです。
それもチームの勝利に貢献したゴールです。
そして恒例のカズダンス!!
ダメですよ「高齢」とか言っちゃ!
自ら持つJリーグ最年長ゴールも更新しました。
とにかく素晴らしいの一言に尽きます。

ただ、とうのカズ選手はこの記録あまり拘っていない
そうです。
目標はあくまでも「J1最年長ゴール」です。
Jの後に「1」が付くと付かないでは大違いと本人は
思っているようです。

ちなみにJ1最年長ゴールは鹿島時代のジーコで41歳
と3か月です。
年齢で行ったらカズ選手の方が全然上です。
ぜひ横浜FCをJ1に昇格させてJ1最年長を達成し
て欲しいですね。

山本昌さんが引退してしまい、私にとってもう数少ない
「先輩プロスポーツ選手」です。
私達みたいなもう走れないおじさんの希望を乗せて
ゴールを量産して頂きた。
頑張れカズ!!!
[PR]

by suzukiayn | 2017-03-13 17:47 | Comments(0)  

省エネ

当社の電気をLEDに変えました。
明るいですよ~
明るいのに電気代が結構安いみたいですので経費
節減になると期待しています。

経費節減ばかりではなく、やはり将来の日本のエネ
ルギー事情も考えなければなりませんから。

私達の生活に欠かせない電力ですが、震災後も未だ
にその依存体質はあまり変わりなく、当たり前のよ
うに温水便座を使い、電気自動車に乗換え、自転車
でさえ電気を使うようになってきています。
何でも日本の車が全部電気自動車になると原発がもう
10基以上必要になるそうです。

原発に依存してきた為、その安全神話が崩れた後も
電気依存生活がやめられず、またこの先どうすべき
かが政治的にも決まっていません。
なにせ我が国にはそんなに資源がありませんから。

あの地震がなければ今もまだ原発はフル稼働で、新し
い原発を作って車をみんな電気自動車へ変えようと
なったかもしれません。

あの地震がなければ、福島県に住み続けいじめにあう
事も無かったかもしれません。
いじめた子が住む街の電気を福島県で作っていた事を
知っているのかどうなのか…国も県も市ももっとはっ
きり言えばいいんです、東京に作れないから福島に
お願いしたんだと。

電気を使うリスクや費用は国民みんなで均等に分け合
うべきですね。
福島県民をいじめるようなら東京も神奈川も自分の
電気は自分たちの都県で発電すべきでしょう。

LEDにしただけですが色んなことを考えさせられま
した。
とにかくまず皆さん節電しましょう!!
[PR]

by suzukiayn | 2017-03-09 18:05 | Comments(0)  

キューバ戦勝利!

WBCが昨日開幕しました。
初戦のキューバに11対6で打ち勝ちました。
松田選手の4安打4打点、守備で菊池選手、青木選手
が守備でファインプレーと見どころの多い試合でした。

ただやはり気になるのが失点の多さです。
私がキーマンに上げた則本投手の降板の仕方が気にな
ります。

5回からマウンドに上がった則本投手、5回、6回と
3者凡退、「いいぞ」と思わせておいて7回に捕まり
3失点で投げきれず交代でした。

そもそもヒットを4本も5本も続けて打たれる投手で
はないはずなのに前回のプレミア同様打たれてしまい
ました。

何故なんでしょう?
私は65球の投球制限と代表への強い意識が彼をいつ
もの彼で無くしてしまっている気がします。
投げ急ぐ、カウントを必要以上に気にする、スタミナ
を考えずとばす、キャッチャーとのやり取りにイラつく
ファールを嫌がる、ジャパンだ侍だと力む、その辺が
悪影響の元の様な気がします。
実際に解説の原さんは「力みで体の開きが早い」と言っ
ていました。

小久保監督は投手起用は予定通りを気取っていますが
昨日投げた投手を全員投げさせるつもりが有ったならば
4イニング石川、2イニング則本、1イニング岡田、
1イニング平野、1イニング秋吉と考えるのが普通で、
もう一人の牧田は緊急時でしょう。

なのに則本君に3イニングを考えると後ろのつじつまが
合わなくなります。
緊急が2人、又はワンポイントが数人を想定して全員登
板させたのはどうも腑に落ちません。

どうもこのWBCと言う大会は2番目手の「第2先発」と
言われている人がポイントの様ですね。
実際、敗れたキューバも第2先発が失敗しています。

普段中継ぎ、抑えの人は1人しか投げない、1イニング投
げたり、もっと長く投げたりと色々なパターンで投げます。
動いたゲームを仕上げる役目と言えるでしょう。

先発の人は綺麗なマウンドでスタートから9イニングを投
げ切るつもりで0点から始めます。
自分でゲームを作る事を考えます。

第2先発は言わばロングリリーフ、中継ぎです。
投球制限の中、動いたゲームを仕上げへとまとめていく…
案外難しいのかもしれません。
則本君のような向こうっ気の強いタイプは先発の方が向い
ているのかもしれません。
逆に石川君の様な冷静でフォームが変わらない投手の方が
第2先発に向いているのかも知れません。

まだまだ続く長丁場の大会(負ければ続きませんが…)です。
うまく切り抜けて欲しいですね。
[PR]

by suzukiayn | 2017-03-08 14:25 | Comments(0)  

ザ・ドリフターズ

懐かしいです、ドリフターズ。
今月、テレビで12年ぶりに4人全員集合でコントを
するそうです。
リーダーのいかりや長介さんが居ないのは寂しい限り
ですがぜひ見たいですねぇ。

私の世代はみんなドリフが大好きでした。
8時だよ全員集合、欠かさず見てました!
まぁ私の親世代は好きだけどあまり見せたくない番組
だったと思いますけど。

「勉強しなさい」と言えば、♫カラスの勝手でしょー♪
なんて替え歌で返され、カチンときてたはずです。
加藤茶さんなんかは「ちょっとだけよ~」なんてやって
ましたからねぇ。
意味も分からずなんか面白いと思っていましたが、大人
からすると「それはまずいでしょ」と思いますもんね。

でも時が流れて今当時の映像を見てもきっと面白いと思
いますし、再結成して新しいコントを見てもきっと面白
いと思う気がします。
私達の体の中に「ドリフ好き」の要素がきっと残ってい
ると思いますから。

先日、たまたま子供達にネットで加藤茶さんと志村けん
さんの髭ダンスを見せたのですがこれが大うけでもう一
回、もう一回と何度も見たがりました。
どうやら子供達にも「ドリフ好き」の遺伝子が受け継が
れているようです。
[PR]

by suzukiayn | 2017-03-05 11:22 | Comments(0)  

ちょっと不安なスタート

昨日、侍ジャパンの初陣、壮行試合が台湾プロ代表
と行われ…5対8で完敗でした。
台湾は代表以外の外国人を含めたプロオールスター
です。

私がキーマンに上げた則本投手が打ち込まれ、下手
投げが嫌がられるはずと思われた牧田投手も散々と
厳しいスタートでした。

打線もバランスを含め今一つ。
DHで山田選手を起用し、菊池選手を二塁、筒香選手
をレフトでの布陣でしたが、慣れないDHに山田選手
が沈黙、ならば山田選手を二塁に戻そうかな?と思え
ば菊池選手だけが絶好調と悩みが増えました。

小久保監督も「今は結果は関係ない」と強がってはい
ますが本番まで1週間ですから本音ではないでしょう。

個人的にはやはり左が少ない打線にもう一人左を入れ
たいので二塁は山田、DHは筒香、レフトはメジャー
リーガー青木が良いのではないかと思います。
あるいは三塁山田、二塁菊池のプランも有りかも知れ
ません。

今日ももう一度台湾戦が有ります。
もう少し勝ちにこだわった試合が見たいですね。
[PR]

by suzukiayn | 2017-03-01 16:42 | Comments(0)