<   2016年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

解散騒動

スマップがまた解散騒動、でも今回は本当に解散する
みたいです。

前回は少しショックで止めた方が良いよ~と他人事な
がら思いました。
でも今回は正直、ここまでぎくしゃくバタバタされると
「どうぞ」と言いたくもなります。

不自然なまま多くを語らず、マスコミが「事務所が悪い」
「木村が悪い」「香取が悪い」と各社の思惑を記事にす
るので、スマップの周りは悪口だらけ…うんざりです。
憶測交じりの汚れた記事が多いと気分が滅入るます。

スマップと言うグループはそもそも明るくスポーティで
喋りも面白く楽しいグループだったはずです。
みんなをその明るさで元気付けていたグループです。

でも現状は明るさとは対極で暗く陰湿です。

彼らを頼りにしてきたファンの人は傷付きます。
彼らに楽曲を提供してきた音楽家の人達も歌ってもらえなく
なり、楽曲に日の目が当たらなくなります。
彼らをイメージキャラクターに使っていた企業も当然変更を
余儀なくされます。

こんな状況を作ってしまえば、絶対にメンバーの誰もが今
以上に人気者になんかなれません。
多くの人を裏切ってしまっている訳ですから…

「元」スマップの肩書はきっと彼らの重荷になるはずです。
[PR]

by suzukiayn | 2016-08-22 17:44 | Comments(0)  

400メートルリレー

素晴らしい!!
オリンピック男子400mリレーで日本が見事2位で
銀メダル獲得です!
リレーで銀です!アメリカやカナダより早かったんですよ!
凄いです!!!

今回のメンバーは確かに過去最強でした。
先日も書きましたケンブリッジ君、山縣君、桐生君のハイレ
ベル3人に加え200mに出ていた100m・10秒20の飯塚
君が加わりまさにベストメンバー。

加えてスタートが上手い山縣君を一走、体の大きい飯塚君、
ケンブリッジ君をストライドが生かせる直線の2、4走へ、
全てがコーナーの大柄な人には不利と言われている3走に
一番持ちタイムが良い上に小柄な桐生君と配置も完璧。
日本最強メンバーの出来上がりです。

このメンバー、この配置に加えもう一つの日本の武器は
「バトンパス」です。
ここがもしかすると今回の最大のポイントだったかもしれ
ません。

従来の次走者の上に向けた手のひらに乗せてあげるオーバー
ハンドパスではなく、下に向けた手のひらに差し込む様な
アンダーハンドパスに変えたそうです。

一見双方の手が思い切り伸ばせるオーバーハンドパスの方が
良さそうに見えますが、不自然に走る時間も長い。
そこでミスの確立は上がりますが双方の走者の距離を接近さ
せて自然に渡す感じのアンダーハンドに変更、それが功を奏し
「世界一美しいバトンパス」の完成です。

バトンパスの完成度が銀メダルに繋がったのは間違いありま
せん。
自宅で録画を見る機会があればその世界一のバトンパスに
要注目です。
そして本来ならば自身の練習に時間を割きたい中、ましてや
お互いがライバル同士であるにも関わらずバトンパスの練習
も怠らなかった彼らの影の努力に敬意をはらってあげて欲しい
ですね。

凄く価値のある銀メダルだと私は思います。
[PR]

by suzukiayn | 2016-08-20 13:11 | Comments(0)  

4連覇

オリンピック4連覇ってやっぱり大変なんですね。

レスリングの伊調馨選手が見事、4連覇!
女性では初めて、カールルイスやマイケルフェルプス
に並んだまさに世界の英雄ですね。
ただ内容は過去のオリンピックよりも明らかに僅差で
ギリギリの感じでした。

予選をLIVEで見ましたが動きが重く、正直まずい
かな?と思いながら床に就きました。

起きたら丁度決勝戦が始まり、案の定終了間際まで
負けている展開、ラスト数秒で逆転のハラハラした
試合でした。
ただ勝は勝ち、1点差でも金は金、見事でした!

一方、吉田沙保里選手は残念ながら決勝で敗れてしま
い銀メダルでした。

予選の動きは軽く、タックルも早く、バックを取るの
も全然苦にしない感じは伊調選手よりも調子が良さそ
うに見えたんですが最後につまずいてしまいました。
完全防御スタイルの相手に焦れて自滅した感じでしょ
うか?
それでも4大会連続メダルですから立派です。
負ける事の悔しさを「霊長類最強女子」はきっと怖い
ですよ~

とにかくお二人ともお疲れ様でした。
今はゆっくり休んでください!
[PR]

by suzukiayn | 2016-08-19 18:23 | Comments(0)  

生前退位

天皇陛下のお気持ちのビデオを私も見ました。
ゆっくりとお心内をお話になる姿を拝見し、陛下
はきっとお疲れになってらっしゃるのだと感じ、
何だかとても複雑な気持ちになってしまいました。

天皇陛下ももう82歳です。
前立腺がんの手術をされ、その後に心臓のバイパス
手術もされています。
お体とお仕事とのバランスがとり辛くなられている
事も想像できます。

天皇陛下としての激務は恐らく私達の想像を超えた
大変なものでしょう。
きっと82歳の私ならすぐに弱音を吐くでしょう。

いろんな式典に参加され、国内外問わず色んな要人
の方とお話をされる。
災害時にはすぐに現地に入られ避難場所などを訪問
される。
その度に目線を同じ高さまで下げられ、膝を交える
様にしてお話をされていました。
日本中を飛び回り、時には世界へ、そして何人もの
人達と会われお話をされる訳です。
これは普段誰もが目にすることが出来る物にすぎず
その他にも私達の知らない沢山のご公務がおありな
のだと想像が出来ます。

ただ陛下はその激務が嫌だと言ってらっしゃる訳で
はなくその激務こそが天皇である事の証、それが出来
なければ天皇ではないのだとおしゃられています。

はっきりはおっしゃられていませんが体力が続かなく
なる前に生前退位をしたいというのが陛下のご本心だと
思われます。

ただ現状の法律ではそれは許されてはいません。
安倍総理も慎重に議論すると言っています。
陛下のお気持ち、ご意向に沿える結論が出ればと私は
思います。
天皇陛下にも安らかな老後があっても良いのではない
でしょうか?
[PR]

by suzukiayn | 2016-08-09 17:02 | Comments(0)  

手倉森ジャパン

非常にショックです。
サッカーオリンピック代表、手倉森ジャパンが初戦
当日現地入りしたナイジェリアにまさかの5失点で
4対5で敗戦しました。
さすがに5失点では勝てないでしょう。

なにがショックってこのチーム守り勝ちしてきたチー
ムで、直前のブラジルとの強化試合でも0対2でした
からコンディションがあやしいナイジェリアに5失点
は「まさか!」で、誰も想像していなかったと思われ
ます。

この失点をみて感じてしまった事はオーバーエイジ枠
が機能していないという事です。
ディフェンダーに塩谷、藤春のオーバーエイジを2人を
入れた布陣でしたが守備は完全に崩壊、予選を戦った布
陣の方が明らかに連携がとれていた感じがしました。

これはオーバーエイジの選手の責任というよりは手倉森
監督の采配の失敗の様な気がします。

サッカーのディフェンスはキーパーを含めて連携が大切。
ディフェンスラインをコントロールするリーダーも必要
で、予選ではセンターバックの植田選手がその役を担って
いましたが、本選ではオーバーエイジの塩谷選手とどっち
付かずの様な感じになりかえってバランスが崩れました。

一度も勝ち越せない、常に追いかける展開では、どうして
も攻撃陣を入れ替えて点を取りにいかなければならないので
ディフェンスの選手交代がしづらい悪循環のままゲームセッ
ト、はっき言って完全な作戦失敗です。

作戦以前にオーバーエイジの選手選考も疑問が残ります。
本選にならないと使えないオーバーエイジ枠です。
慣れ親しんだいつものディフェンスメンバーに2人も
「新入り」が居れば1から出直しにならなんでしょうか?
攻撃陣の方が良かったような気がします。

防御陣ならば予選のレギュラー選手のアクシデントに対する
バックアップでその経験値が生かせる、そういったイメージ
は無かったんでしょうか?

ちょっと勝ち上がるイメージから遠ざかってしまった感じが…
[PR]

by suzukiayn | 2016-08-06 10:13 | Comments(0)  

女子マネージャー

もうすぐ夏の甲子園が開幕します。
開幕前にちょっと事件が起きました。

大分県代表のチームの女子マネージャーが甲子園
のグラウンド内での練習を途中で退場させられた
そうです。
普段、校内練習では練習参加していたそうです。

大会規定では…
練習の補助員は男子部員に限られ、記録員(マネー
ジャー)も、試合前の練習や試合中にグラウンドに
出てはならない…と定められているそうです。
これは書面で前もって全校に配られているそうです。

これには「男尊女卑」だ「時代遅れ」だと非難轟々です。

ただ私は仕方ないと思います。
ルールはルールです。
参加全校同じルールが決まっていて書面で配布までされて
いる訳ですから、そこに校内での「普段」や「普通」は
通用しません。

長い歴史の中でこと野球に関しては男子と女子が横並びで
普及してきていない背景が有ります。
正直、女子には硬式野球はあまり向いていないんだと思い
ます。
男子なら顔にあざが出来ても、バウンドが変わって歯が折
れても、甲子園を目指す球児なら受け入れて乗り越えます。
女子はそうはいきませんよね…一般的には。
そこに完全な男社会が出来上がってしまっています。

同校が2年前に甲子園に来たときは自重した監督さんです。
今回は「ご褒美にと思った」とお話ししているそうです。
これには「喝」と言いたいです。
ルールは守れと指導する立場の人ですから。
甲子園には襟を正して参加すべきです。

ただ、今後可能にしたらどうかと検討する事は良い事だと
思います。
女子マネージャーがグラウンドで出来る事を意見を出し合う、
これは私も賛成です。
[PR]

by suzukiayn | 2016-08-03 16:18 | Comments(0)  

千代の富士

千代の富士が亡くなってしまいました…信じられません。
体調が悪いのは知っていましたが、まさかと言う感じです。

何度も書いていますが私の中の3大ヒーローは
千代の富士、原辰徳、藤波辰巳

いろんなスポーツに関心が出始めた小学生の頃。
何となく相撲に興味が有り、相撲カードなるものを集めたり
していました。
当時は黄金の左輪島関が好きだったですねぇ。
それから数年して私の頭に衝撃が!
小柄で色が黒く、腕はパンパン、お相撲さんと言うよりは
プロレスラーの様な風貌、誰?
そうです千代の富士さんです。
ファンになるのに時間なんて1秒もかからない位(アルトの
コマーシャルみたいですが…)すぐに好きになりました。
私を本当の相撲好きにさせてくれたのがこの千代の富士さん
でした。

あの鎧の様な筋肉、鋭い目つき、小錦さんの様な大きな相手
にも逃げずにまわしを狙いに行くスタイル、そしてウルフス
ペシャルと言われた豪快な上手投げ…本当に大好きでした。

私がこの先ずっと相撲を見続けても、千代の富士さんより好き
になる力士は絶対に居ません。

そんな千代の富士さんが亡くなってしまった…でも私の脳裏に
はいつもウルフスペシャルが焼き付いています。

もう、あまり悲しみません。
千代の富士さんは今頃、きっと幼くして亡くした娘さんと再会
しているはずですから。

ありがとう千代の富士!
あなたのお蔭で私は相撲が好きになりました。
そしてあなたこそ史上最高の横綱です。
私はそう語り続けます!!
[PR]

by suzukiayn | 2016-08-01 13:47 | Comments(0)