<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

由伸監督

原監督の後任に選ばれた高橋由伸さん。
引退を惜しむ声が多い中での監督専念はよく決断したなぁ
と思います。

由伸監督が決まった後、巨人への追い風としてはマイコラス
投手が2年契約を結んでの残留が決定した事、ポレダ投手、
マシソン投手もほぼ残留決定で今年活躍の投手陣、またフル
回転の中継ぎ陣がまずまず落ち着きそうかな?と。

悪い点は野球賭博の影響がまだ残っている事。
投手3人が係っていた事が分かっています。
1軍で登板経験のある2人とドラフト1位の左腕ですから
巨人としては痛い人材が係った事になります。
監督としては「居ない人」と割り切るしかありません。

もう一つは代打の切り札が不在になった事。
そう、由伸さんが監督専念するのでポスト由伸を探す必要が
あります。
堂上選手、アンダーソン選手、亀井選手辺りでしょうか?
でも少しイメージが違います。
井端選手や金城選手も引退してしまったので、賭博の影響が
心配される投手陣よりも今季不調だった打撃陣の方が心配で
すね。

新しい外国人助っ人の活躍、大田選手、岡本選手がいかに
成長するかが由伸監督の初陣のカギでしょう。

引退即監督が率いたチームの優勝は過去に無いそうです。
良く比較される長嶋監督の初陣は…最下位でした。
由伸監督はどうでしょう?

ズバリ、打のキーマンは大田泰示、投は宮國椋丞。
君達次第だ!!
[PR]

by suzukiayn | 2015-10-28 17:15 | Comments(0)  

4強

まだラグビーのワールドカップは終わっていません。
4強が出そろい、なんと全て南半球勢となりました。

メンバーはお馴染みニュージーランド、オーストラリア、
南アフリカ、そしてアルゼンチンです。

アルゼンチン?サッカーじないのに??とお思いでしょう。
私も驚きました。
それもアイルランドにダブルスコアの快勝ですから、正直
「強い!」です。

そんな4強ですが、準決勝の組み合わせが既に決まってい
ます。
ニュージーランド対南アフリカ
オーストラリア対アルゼンチン

ニュージーランドはフランスに快勝してまるっきり危なげが
ありません。
日本にジャイアントキリングを許した南ア。
ここまで来るのはさすがですが、この先はちょっと厳しいで
しょう。
ニュージーランドは甘くありません。

気になるのがもう一方のオーストラリア対アルゼンチンです。
オーストラリアは準々決勝でスコットランドに逆転勝ち…
それだけ聞くとそんなに悪いイメージでは有りませんが、審判
の誤審によってあたえられたペナルティキックでの逆転で、
実質負けに等しい内容でした。
一方アルゼンチンは前述の通りの快進撃、決勝はニュージー対
アルゼンチン?

いやいやラグビーはそんなに簡単ではありません。
オーストラリアは必ず今回の不調を修正してきます。
そんなオーストラリアを私は何回も見ています。
もしアルゼンチンが進んだらC組の1位2位対決、つまり今大
会2回目の対戦になってしまい、観る側のボルテージは正直
下がります。

それでも万が一アルゼンチンに決勝の座を譲り渡す事が有ろう
ものなら南半球3強の看板をアルゼンチンに譲らなければいけ
ません。
ラグビーの勢力図が変わる事に繋がります。
サッカー大国アルゼンチンにラグビーで負けたのでは国に帰れ
ません。
お尻に火が付いたワラビーズはきっと決勝に進出します。

決勝はニュージーランド対オーストラリア
鉄板で新鮮味は何もありませんが、そこまでの道のりが日本の
活躍を含めかなり変わってきた印象ですから良しとしましょう。
…まだ決まった訳ではありませんが…
[PR]

by suzukiayn | 2015-10-20 10:51 | Comments(0)  

辞意表明

原監督がとうとう辞めてしまいます。
まだ決定前とは言え本人の意思も堅い様で、来期は
違う監督が指揮を執ります。

同じ監督、同じコーチで同じ選手…強い時はこの上な
いスクラムを組めても、いざ不調になればそこから抜
け出す知恵やアイディアが出てこない。
そういった時期に差し掛かってきた、でも経験値で2
位までいけた、そんな感じでしょうか?

正直、今季の采配で一番いけなかったのは阿部選手の
コンバートでしょう。
コンバートそのものがダメというか、その阿部選手に
ファーストのポジションを無条件で与えてしまった事
がダメでしょう。

ファーストは阿部選手はもちろん、アンダーソン選手
井端選手、亀井選手、村田選手、高橋由伸選手、大田
選手が守れます。
先日も書きましたが、去年はロペス選手も居ましたし
ファーストを守れる選手はそんなに要りません。

実際に結果論では有りますが、ロペス選手を残留させて
1年間ファーストで使えば巨人は今年も優勝でした。
ロペス選手でないにしても、若い大田選手を我慢して1
年使っていたら、果たして阿部選手より成績が悪かった
でしょうか?

阿部選手には酷かもしれませんが、
「キャッチャーが出来ないならその他のポジションを争え」
「負ければ代打要因だ」というスタンスを首脳陣が取れれば
成績は変わっていたのではないでしょうか?

でも去年までの功労者に中々そうは言えません。
最初から完全に心中するつもりだったんでしょう。
それも一つの采配です。

でもベテランに頼る打線は今年で終わりにしないといけま
せんね。
1番セカンド立岡、2番ライト亀井、3番センター大田
4番ショート坂本、5番ファーストアンダーソン、6番
ライト長野、7番キャッチャー阿部、8番サード岡本

阿部選手をキャッチャーに戻し、立岡選手をセカンド
(実戦で経験済み)に、ルーキー岡本を我慢して使うと
するとすっきりすると思うんですが…

来年は誰が監督になるんでしょう?
江川さんでしょうか?川相さん?ひょっとして松井さん?
え?桑田さん?
私の案、真似してもいいですよ~
[PR]

by suzukiayn | 2015-10-19 13:50 | Comments(0)  

中4日

嫌な予感は的中してヤクルトに王手をかけられてしま
いました。

一昨日のマイコラス投手起用が私は反対でした。
中4日は避けた方が良いと思ってましたので…
マイコラス投手で負けてはいけないシリーズだとずっと
思っていたのであと1日、誰かで凌いで昨日マイコラス、
今日菅野、明日ポレダ、全員が中5日でと…まさか昨日
中止になる事を想定していた?
ま、何れにしろそうでないと強力スワローズ打線を相手
にするのは辛いと思ったんです。

ここまで高木勇人選手も使てませんから、2戦目は高木
投手が良かった気がします。
今日中止にならないと勝っても内海投手も中4日になっ
てしまいますし…

なんだかズルズルと行ってしまいそうですね。
中4日と言い、打てない打線と言い…来年に目を向けた
方がいいかなぁ…
いや!いかんいかん、ポレダよ頑張れ!!
[PR]

by suzukiayn | 2015-10-17 12:17 | Comments(0)  

坂本 勇人

クライマックスシリーズも私の思惑通り阪神相手に
勝利した巨人ですが、ファイナルステージでもヤク
ルトに先勝、1勝1敗のタイに持ち込みました。

坂本選手の逆転2ランで苦手石川投手をKOしての
勝利はかなり勢いのつく勝ち方、さすがキャプテン
といった感じです。

常々思っていましたが、一度シーズンが終了して
手綱を緩めると中々もとには戻れません。
ファーストステージで暖機運転したチームの方が
体調的には有利な気がします。

去年の巨人がそうでした。
ペナントは大差で優勝、その後のクライマックスシリ
ーズで阪神に4連敗、エンジンがかかる前に終わって
しまった感じです。

昨日のヤクルトもそんな感じでした。
山田選手もチャンスで凡退していましたし、バレンテ
ィン選手はもはや打てる気配も有りませんでした。
個人的には使わない方が良い位では?と思いました。

短期決戦はヒット1本で流れが大きく変わる事があり
ます。
坂本選手のホームランが良い流れを引き寄せ、山田選手
のダブルプレーが悪い流れを作ってしまった…そんな
明暗のはっきりした昨日の試合でした。

とは言え、セリーグ覇者のヤクルトはそんな簡単には
日本シリーズの切符を渡してはくれないでしょう。

この先のカギは今日の巨人の先発です。
阪神戦で好投したマイコラス投手を中4日で使うのか?
それとも昨日中継ぎ待機した高木勇人投手を使う奇策
で来るのか?
はたまたいきなり田口投手を登録して投げさせるとか?

個人的にはマイコラス投手は避けた方が良いと思います。
その流れだと後の菅野投手、ポレダ投手も全員中4日に
なりますから4連勝を狙わず、今日は休養日位の感覚で
先発は田口投手がお薦めです。
もちろん田口投手の快投を願っての「お薦め」です!
[PR]

by suzukiayn | 2015-10-15 12:02 | Comments(0)  

3勝したのに…

やはり、スコットランドは負けませんでした。
結果、日本はその後アメリカに勝ち3勝1敗でしたが
予選敗退という史上初の悲しい結果に終わってしまい
ました。

今更敗因をどうこう言っても仕方が有りません。
敗因どころか南アにかった日本を誰がせめましょうか?
見事に戦いました!!

でも、どうしても気になるのが強豪国優先の日程調整で
す。
前にも(確か前回大会かな?)書いたことがあるので
すが、IRB(国際ラグビーボード)は強豪国贔屓が
見え見えで閉鎖的です。
南半球3か国のニュージーランド、オーストラリア、
南アフリカと6ネーションズのイングランド、ウェー
ルズ、スコットランド、アイルランド、フランス、
イタリアです。
イタリアは最近加入でそれまでは5ネーションズと言
われていました。
この南半球3か国と5ネーションズに対する手厚い保護
が人気に悪影響だと私は思うんです。

今回の日程もよーく観ると中3日で上記8か国も試合を
組まれていますがその時の相手は明らかに格下が多く
取りこぼしが少ない環境整備に余念が有りません。
結果、南アが敗れる波乱は有ったものの結局予選は首位
通過。
予選突破したチームに何の波乱、違和感も無く強いて言
えば開催国のイングランドが突破出来なかった事位です。
3か国+5ネーションズ-イングランド+アルゼンチン
です。

日程的にやむをえない中3日ならばせめてブロック分け
が決まった後に日程も抽選で決めないと不公平です。
正直、殆どメンバーが変わらないベスト8では大会の開
催意義が有りません。

しかし、そんな日程の中で大会前にはここまでやると思
っていない人が大半でしたから、ファンや無関心だった
国民をここまで熱狂させた功績はラグビー界にとっては
大きく、次の日本開催への原動力になるのではないでし
ょうか?

IRBにはノーサイド精神をもって欲しい物です。
[PR]

by suzukiayn | 2015-10-13 15:50 | Comments(0)  

ボーナスポイント

ラグビーワールドカップ予選もいよいよ大詰めです。
日本はここまで2勝!
好成績です。

最終アメリカ戦は優位が予想されますので3勝目も
大いに期待できます。

しかし、ここで立ちはだかるのが「ボーナスポイント」
です。
ラグビーワールドカップでは4トライ以上で1点、7点
差以内の敗戦にも1点、ボーナスポイントが入ります。

日本は今のところボーナスポイントは0.
つまり2勝1敗勝ち点8です。

日本に負けた南アは負けても4トライで2点差だった為
2ポイントとっています。
言わば引き分け同じ価値が有る敗戦だった訳です。
ですから現状は日本と同じ2勝1敗でもサモアからとった
6トライ分を加えて勝ち点11です。

スコットランドも日本とアメリカから5トライ奪って
勝利していますので2勝1敗の勝ち点10です。

この現状が有って、勝ち点が足りない日本はサモア戦で
勝ち点を取りに、つまり4トライを目指す戦いをすべき
だったんですがそういう内容にはなりませんでした。

一時23点差がつき、トライを目指す態勢が整った様に
見えましたが、プレーしている選手の何人かにはその差を
アドバンテージに感じていなかった様です。
とにかく勝ちたいとラスト10分まで思っていたそうです。

私はキックオフ前から1点差でも4トライ以上で勝つ試合
を想像していたので理解に苦しみました。
決勝トーナメント進出は望んでいないのかと。
サモアからの4トライは絶対条件だったと思うんですけど
ねぇ。

残り試合は南アがアメリカと、スコットランドはサモアと、
日本がアメリカとです。
スコットランドに2点差をつけられた日本は4トライで勝
ってもポイントを5しか取れず、スコットランドが勝ち、
南アが勝てば万事休すです。

南アはまず負ける事は99%ありません…まさか?!いや、
いやもう無いです。
スコットランドが取りこぼすこともあまり期待できません。
3勝して予選敗退はワールドカップ史上初、そんな初物は
要りません。
後はサモアに期待する、ただそれだけしかありません。
[PR]

by suzukiayn | 2015-10-06 15:58 | Comments(0)  

勝負はこれから

ペナントレースもほぼ終わってしまい巨人は2位と
いう事になりました。

ただこの後、クライマックスシリーズがありますので
原監督も言っていましたが「勝負はこれから」です。

さて、今年を振り返ると珍現象が結構ありました。
セリーグ全球団が5割を切ったり、DeNAが前半首位で
折り返したのに結果最下位だったり、CS争いが最終戦
まで決まっていない…それもホームランの誤審があった
阪神と広島との間で、なんて事も中々ありません。
ヤクルトが最下位から優勝というのも珍現象と言える
のではないでしょうか?

今年のヤクルトは首位打者、ホームラン王、打点王、
に盗塁王と、攻撃面は完璧でそれを後ろが安定した投手
陣で逃げ切るパターンでした。

追いかけた巨人は打撃面がガタガタ、坂本2割6分代、
阿部2割4分代、長野2割5分代のクリーンアップでは
厳しいでしょう。
DeNAに放出したロペス選手を出さなければ恐らく優勝
したのではないでしょうか?
…その分DeNAがもっと負けて他のチームの勝が増える
と言う見方もありますが…

CSの展望ですがまず巨人の相手は阪神か広島か?
最終戦の中日に勝てば広島、引き分け以下なら阪神です。
誤審の不運がどちらに転ぶか?
広島が行けなかったら審判は相当叩かれますよね。
…でも巨人としたらジョンソン、マエケン、黒田のカープ
は避けたいです。
藤浪、メッセンジャー、能見の方が組み易しですね。

阪神が来ればファイナルステージは巨人が来るでしょう。
広島がきたらファイナルは広島になりそうです。
どちらが来ても日本シリーズはヤクルトではない気がしま
すね。
ちょっと気が抜けた感じが漂ってます。

と、すると私は今、阪神を応援する訳です。
あ、もう試合無いのか!!
中日を応援…したことないなぁ。

ま、いずれにせよ「巨人頑張れ!!」ですね。
[PR]

by suzukiayn | 2015-10-05 16:45 | Comments(0)