<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

カール

カールルイス?おやつのカール?
犬の名前です…

千葉県にある東京ドイツ村。
我が家もお気に入りで子供と2度遊びに行きました。

そこにあるドッグランで駐車場から目を離さず震える
1匹のシーズー犬。
飼い主が近くに見当たらない…まさか…

そのまさかです!
後日、飼い主からドイツ村宛の手紙が届きました。

「犬の名前はカール。」
「雄の12歳で心臓に病気を抱えています。」
「飼えない所に引っ越してしまった」
「ドックランで遊ぶ姿をみたら保健所に連れて行けな
くなった」

話を総合すると、引っ越して飼えなくなった老犬を保
健所に連れて行く前にせめてドッグランに連れて行っ
て上げようと思ったら、遊ぶ姿に辛くなりその場に放置
してしまった…

悲しい話です。
そもそも犬を飼う心構えが足りないんです。
犬を飼えない所に引っ越す、そんな可能性が有る人は犬
を初めから飼うべきでない!!

でも…引っ越しは言い訳かも知れませんね。
病が本当の理由だったとしたら…

犬は人に依存して生きる事が嫌いではない珍しい生き物
です。
太古の昔から人と暮らして来ました…家族の様に。

犬は自身が病気である事なんか知りません。
言葉が無いんですから当然です。
余命が幾日なんて知り得る訳がありません。
今を一生懸命生きるしかないんです。

老い逝く命を悲しみながら生きるのは人間だけです。

人が好きなカールはドイツ村の職員の方の足にじゃれつき
新しい里親の所に引き取られたそうです。
今度の飼い主はカールの命ある限り傍に居て遊んでくれる
でしょう。
[PR]

by suzukiayn | 2014-11-25 18:52 | Comments(0)  

高倉 健

健さん、亡くなってしまいました。
もう83歳だったんですね。
いつまでも若々しいと思っていましたが最近の映像
では肌のつやも悪く、体調が悪そうでした。

私自身、正直健さんの映画ってあまり見ていなくて
南極物語や野生の証明、ブラックレインぐらいで
任侠ものや最近の鉄道員なんかは観てないんです。
ちょっと自分でもびっくりでした。

ドラマもあまり出てないですし、ましてやバラエテ
ィー番組なんてとんでもないでしょうし…
でも馴染み深い感じはあるんですよね。
どこで何を見ていたんでしょうね?

きっと映画の撮影の様子が情報番組に取り上げられ
たり刑務所で受刑者の人達に講演をしたりした事が
ニュースになったり、テレビCMだたりと、何かと
話題豊富な人気者だったんでしょうね。

「不器用ですから…」のセリフ通り本当に不器用そう
な健さんですが、高倉 健を演じるため、昭和の男の
憧れでいるため、本当の自分を封印していたかもしれ
ません。

俳優ってとってもハードな仕事だと思います。
もし、あれだけ「高倉 健」になりきる為に演技して
いたとしたらより大変です。
だとしたら、きっと健さん相当お疲れだったに違いあ
りません。
天国で初めて本当の自分を取り戻すのでは健さん、
ちょっと可哀想ですね。
素の健さんも不器用な人であって欲しいものです。

自分も昭和生まれの男です。
不器用な男、嫌いじゃありません。
少し健さんの映画を見て不器用を追及してみようかな…

今はただご冥福をお祈りします。
[PR]

by suzukiayn | 2014-11-20 11:43 | Comments(0)  

快勝!アギーレジャパン

やっと勝ちました!
サッカー日本代表がホンジュラスに6対0の快勝
です。

アギーレ監督も少しホッとしたのでは?

代表監督がアギーレさんに代わって選手も様変わり。
4年後を睨んで若手を多く起用して話題になりました
が、今回は結局ザッケローニ監督時代とあまり変わら
ない布陣に…

「(来年1月の)アジアカップに向けての布陣」と
強調していますが、内容、結果を見ると現状はザック
布陣に似た今回のメンバーの方がベターな様です。

特に存在感を見せていたのが二人のベテラン、長谷部
キャプテンと遠藤選手。

2人ともコンディションが良さそうでバテている様子
もなく、走り回っていました。
遠藤選手はゴールも決めました。
さすがワールド杯後、所属のガンバ大阪を無敗のまま
ナビスコカップ優勝に導いたその実力は大したものです。

ただこのお馴染みの2人ですが今回の起用方法が前回とは
違うんです。

2人は元々コンビでボランチ(ダブルボランチ)、つまり
守備的ミッドフィルダーですが、遠藤選手は攻撃的なポジ
ションへと前進、残った長谷部選手の守備位置はアンカー
です。
アンカーとは守備的ミッドフィルダー…おや?
ボランチと同じでは?

ボランチはポルトガル語でブラジルと日本でしか使ってい
ない用語だそうで、本来守備的な位置のミッドフィルダー
の意味でしたが、攻撃的なボランチが求められる様になり
いつしか攻撃参加型の守備的ミッドフィルダーのニュアン
スに変わりつつある様です。

一方のアンカーは英語で意味は碇(いかり)です。
こちらは完全な守備的な意味で碇の様にディフェンスライン
辺りから沈んだまま上がってこないで守り続けるイメージ
でしょうか?

全回と同じメンバーで同じポジションの様ですが実は2人
居たボランチが1人もいない布陣へと変化していたんですね。
サッカーって奥が深いですねぇ。

なんか来年あたりワールドカップが有ればいいのにって思っ
たのは私だけですかね?
今後のアギーレ・ジャパンに期待です!!
[PR]

by suzukiayn | 2014-11-15 14:45 | Comments(0)  

Wii U

先日、娘達の誕生日プレゼントに任天堂のテレビゲーム
の「Wii U」を買ってあげました。

娘たちの希望は携帯型ゲームのDSだったんですが、何処
でも出来るDSは家族のコミュニケーションの邪魔になる
気がして、どうせなら家族みんなで出来るWiiの方が良い
と思い決めました。

DS希望だった娘達もいざ遊んでみると大興奮!
あまり長時間は遊ばせませんが満足している様で、たま~に
「パパ、Wii買ってくれてありがとう」と思い出したように
言う事があります。
嬉しさが込み上げてくるんでしょうか?

このWiiですが、まず家族の情報をインプットします・・・
似顔絵もです。
これがまず面白い事。
その人の顔を誇張して登録すると爆笑の連続です。

登録したキャラクターがボウリングをしたり、テニスをした
り、それも実際に家族みんなで投げる格好をしたり、ラケッ
トを振る真似をしたりするんですから、興奮するし息は切れ
るし・・・でもとっても楽しいです!!

今はスーパーマリオにはまってます。
興奮の余り、マリオになり切って自分がジャンプしたり、リ
モコンを持つ手が進行方向にドンドン進んで行ったりと娘の
様子も大爆笑!!

何より私も妻も楽しんでますからDSよりWiiで正解でした。
[PR]

by suzukiayn | 2014-11-10 17:35 | Comments(0)  

守備妨害

日本シリーズ、やってたんですね・・・
なんて言うとホークス、タイガースのファンに怒ら
れそうですが、巨人ファンの私はほとんど見る事無
く日程終了となりました。
ホークスファンの皆さん、おめでとうございます。

「ほとんど」と書きましたがリアルタイムで見たのが
優勝決定のシーンだけでした。
そうです、話題の守備妨害でのダブルプレー、ゲーム
セットの瞬間です。
たまたまそこだけ見たんです。

バッターは阪神の西岡選手。
一死満塁、相手のサファテ投手は制球が定まらず三者
連続四球の大乱調。
なのに3ボール1ストライクから打ちに行って一塁ゴロ、
一塁手がホームへ送球でアウト、ホームから一塁へ送球、
西岡選手が一塁に向かってインフィールドを走って体に
送球が当たり守備妨害でアウトというプレーでした。

打った西岡選手はかなりバッシングされています。
アウトにならない為のギリギリのプレー・・・
どこがギリギリだ!
悪意が有り有だ!
ルールを知らないのか!
ストライクが入らないのに何で振るんだ!

バッシングの嵐で誰も擁護してくれません。

でも野球の試合を見てるといろんなずるいプレーが有り
ますからねぇ。
たまたま日本シリーズの優勝決定の場面でのプレーだっ
たから相当バッシングされていますけど、普段ならこんな
騒ぎにはなりません。
西岡選手もセカンドゴロかなんかでダブルプレーだったら
今頃は誰も何も言ってないでしょうね。
ついてなかった・・・

ダブルプレーを阻止する裏ワザは結構酷いプレーが多いで
す。

例えば、ダブルプレーになりそうな当たりの時の一塁ランナ
ーの二塁上へのスライディング。
ベースに向かって滑り込むのが当然なのに、野手の体をめ
がけて滑って一塁への送球の邪魔をします。
また、送りバントを打った右バッターがホームベース上でわ
ざともたつき、キャッチャーが拾いに行くのを邪魔します。
「それ、有か??」と言いたくなるプレーは日常茶飯事です。

野球は偶然の積み重ねで成り立つゲームです。
満塁で一塁ゴロを打ったらインフィールドギリギリを走って
守備をかく乱する練習なんて誰もしません。
瞬間、瞬間で負けたくない一心で判断しての一生懸命のプレー。
あまり西岡選手を責めたくはないのですけどね。

でもこのプレーでセーフを勝ち取った時に彼は真のヒーロー
になれたんでしょうか?
野球の神様は時に意地悪ですが、「西岡よ!襟を正せ」との
激励ととらえては?

頑張れ西岡!・・・でも来年も巨人は負けないぞ!!
[PR]

by suzukiayn | 2014-11-01 15:35 | Comments(0)