<   2013年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

東アジア杯

ヤング・ザックジャパンが東アジア杯を制しました。

ワールドカップの選手層底上げを目的に、若手を積極的に
使っての優勝ですから、目的、結果ともに最高の形で終わ
れましたね。

ただ心無い韓国サポーターが例のごとく日本を垂れ幕で
中傷した行為はどこが優勝したかにかかわらず、開催国と
して恥ずべき行為でまた、大会を侮辱する行為です。

・・・これは一部のサポーター行為だと思い忘れることに
しましょう。

さて、話をヤングザックに戻しますが、今回いろんな選手
が注目されました。
レギュラー陣を脅かす存在の選手は・・・

現在のレギュラー陣は結構ガチガチのベストに近い布陣、
そんな中で弱点はやはり得点力不足でしょうか?

得点力というキーワードで見ると、居ます居ます。
まずは柿谷曜一朗選手。
最終韓国戦で2ゴールはお見事。

このチームでの練習時間はたかが知れています。
なの2試合でに3得点!
そのアジャスト力はレギュラー組で例えば後半から途中出場
したりしてもきっと生かされるはずです。

もう一人が豊田陽平選手。
こちらは結果は出ませんでしたが、日本にはあまり居ない強い
フォワードです。
星稜高校出身の彼は松井秀喜さんが出したもう塗り替えられ
ないだろうと言われていた体力測定校内記録を次々塗り替えた
言わば超人。
「松井より凄い男」
それだけで凄さが伝わります。

この二人注目でしょう!

ただ正直、年齢などから考えると、この先代表陣で強化を考えな
ければいけないポジションはボランチとセンターバックです。

今のボランチのレギュラーの遠藤選手、長谷部選手をあと1年で
追い越すのは無理としても、その次のワールドカップにこの二人
がレギュラーで居る事は考えにくい。

センターバックに関しては今野選手を追い越す選手が今すぐ居
ない位でないと。
・・・実際、闘莉王選手もまだ元気、なぜ選ばれないのか・・・

そう考えると今回の東アジア杯で出て来て欲しいのは実はフォワ
ードではなくてディフェンス陣だったのです。

ボランチの山口 螢選手、DF森重真人選手、実はこの二人こそ
早くレギュラーに近づいて欲しい二人でしょう。

ワールドカップまであと1年、スタートのピッチに立つのは誰?!
[PR]

by suzukiayn | 2013-07-29 12:59 | Comments(0)  

脱線事故

スペインの特急電車が脱線事故を起こしました。
映像が残っていてその様子は衝撃的です。

事故の原因は運転手のスピードの出し過ぎ。
速度制限80キロカーブをなんと190キロで走行、110キロ
オーバーです。
脱線するに決まってます。

このスペインの特急は直線は最高200キロで走行し、この
カーブの手前で80キロに減速しないといけない、かなり高度
な運転技術が必要な路線です。

前々から現場付近では「車両が安定しない」という乗客からの
訴えが多く、どうやらこの速度超過は慢性的なものの様です。
ですからミスではなく過信です。

こんな危険な行為が運転手の独断で許されていいんでしょ
うか?
飛行機やバスの事故もありましたが、ここまでのルール違反
はあり得ません。

日本の新幹線にそんな場所が有るかは知りませんが、
そもそも200キロから80キロへ…そんな減速ってありですか?

この120キロの減速は乗り心地も悪いでしょうし、線路の設計
上問題ありです。

こういうルートしか取れないなら、その場所にさしかかる前に自動
で減速していくような装置を付けないと怖くて乗れません。

過信が無くてもわき見や居眠り一つで何十人もの死者が出ます。
運転手の技術や経験、眠気や疲れに乗客全員の命を預けなきゃ
いけないんでしょうか?

これから日本も本格的な夏休みです。
夏休み前にこんな映像を見せらると、せっかくの楽しい気分が台
無しです。
[PR]

by suzukiayn | 2013-07-26 18:16 | Comments(0)  

キャサリン妃

イギリス王室に待望の王子様が誕生しました。
遠い異国の話とは言え、何だかおめでたいムード満点ですね。
私もなんだかハッピーな気分になりました。
何故なんでしょう?
f0167905_18254589.jpg
キャサリン妃がチャーミングだから?
それともウイリアム王子があんまり男前じゃないから?

「男の子でも女の子でもとにかく無事に休暇の前に生まれて」
そんなジョークも言える曾おばあちゃんのエリザベス女王がやっぱりチャーミングでユーモアだから?
それともチャールズ皇太子が・・・

きっと日本の皇室とは違って、生まれてくる子が男女どちらでも王位継承者になれる、つまり第一子=未来の王様という決まりが生誕をよりおめでたい雰囲気に変えているんでしょう。

今回の出産だけ見てもいろんな事が日本の皇室とは違って驚かされます。

まずこの王子様、しばらくはキャサリン妃の実家で育てられる
そうです。
・・・信じられませんよね。

信じられない事の続きがあって、そこにウェールズの空軍基地
に勤務しているウイリアム王子
(空軍基地に勤務している事もびっくり)
も休暇をとって一緒に子育てをするそうです。
おむつ替えにも積極的にチャレンジするとか。
・・・キャサリン妃の実家に住み込みで!!

一般宅に王子夫婦が里帰りして子育てする!!
それって結構大騒ぎで近所迷惑では?

でもそんな身近さとキャサリン妃の可愛らしさがイギリスの王室
人気の秘密なんでしょうね。

え?キャサリン、キャサリン言い過ぎですか?
[PR]

by suzukiayn | 2013-07-23 18:27 | Comments(0)  

初夏休み

娘達は今日から初めての夏休みです。
「44日もお休みなんだよ~」
「宿題12個も出てるんだよ!」
「早く宿題やりたい!!」
何だか変なテンションで夏休み突入です。

算数の計算問題がメインで、音読や平仮名の練習等、
たくさん出てますが、これ等はいつもの事、無難にこなし
そうです。

恒例・絵日記ももちろんあるのですが、4日分がノルマで、
事前に「何書くの?」と聞いたら、
「プールに2回ぐらい連れてってくれるだろうからそれで
2個でしょ」とか言ってるんです。
「それじゃ日にち以外、同じ絵日記になっちゃうじゃない」
と言うと、
「だってプールの絵書きやすいんだもん」・・・絵日記はそう
言うもんじゃないよ・・・

「この前行った上野動物園のパンダの事書いちゃえば?」
と言うと、「嘘はダメ!」ですって。
分かっているんだかいないんだか・・・

今までは保育園児でしたから夏休みは有りませんでした。
今年から小学生ですが、やはり学童保育のお世話になる
ので実はあまり去年までと変わりません。
その事にちょっと気付いていて少し寂しそうです。

仕方がないことではありますが可哀想なので、学童保育
のプール教室の事や週に何度か妻の実家で預かってく
れるのでその事を伝えてあります。

もちろんお盆休みには旅行に連れて行きますし、その事
も知ってますので総合的には楽しそうです。

夏休みは子供にとって特別な時間です。
楽しい思い出が残るように私も頑張りますよ~!!

それにしても40日の休みとは・・・羨ましい・・・
[PR]

by suzukiayn | 2013-07-20 12:59 | Comments(0)  

オールスター

今日、札幌ドームでプロ野球・オールスターゲームが
開催されます。

が、個人的には毎年オールスター戦はあまり興味が
湧きません。
どちらかと言うと、ペナントレースを中断されるイメージ
であまり好きではありません。

そんなオールスター戦ですが、今回、札幌で選手会の
会議が開かれました。
議題は「コミッショナー」です。

例の統一球問題で「知らなかった」「不祥事とは思わない」
と言い切った加藤コミッショナーに対し改めて選手会で
意見交換した結果、全員一致で「不信任」となったそうです。

当たり前でしょうね。

この会議の中でもう一つ話題になったのが来季から導入
予定の「ベンチ前キャッチボール禁止案」

こちらも投手陣中心に反対意見が多く、今後もめそうです。
別にキャッチボールしたって良いと私も思います。
禁止する理由が分かりません。

なんでも大リーグに右へならえするようですが、意味不明
です。

統一球の問題も結局はメジャーに対抗する為と言う理由で
導入されましたが結局、全然メジャーの球とは違いました。

ボール、ストライク、アウトの順に表記するのもメジャー式で、
長く見てきた私を含めたファンは未だに違和感が有ります。
見る側のファンに違和感を覚えさせてまで変える必要が有っ
たんでしょうか?
誰のための変更なんでしょう?

そして今回もメジャーにならってキャッチボール禁止です。
殆どのピッチャーが肩慣らししたいと思っているんですから
禁止する必要なんてありません。

ベースボールより野球の方が強いし面白い!

プロ野球機構の人達が日本の野球に対するプライドが無い
様に思えてなりません。
「侍ジャパン」の名に恥じぬ活動を機構側もすべきです。
[PR]

by suzukiayn | 2013-07-19 18:36 | Comments(0)  

あともう少し・・・

f0167905_17122097.jpg

今朝、自宅で見つけました。
もう少し、もう少し。
でももう出勤時間になったので、後は子供達に託しました。


・・・ところが、スズメにさらわれて・・・娘たちは半べそ(妻の報告)。
セミ君、もう少し暗いうちに脱皮しないと・・・
スズメ君もそんないおっきい獲物食べるの?
自然界は厳しいですねぇ。
[PR]

by suzukiayn | 2013-07-16 17:18 | Comments(0)  

夏の歌

いやー本格的に夏になってしまいました。
子供とプールに行ったら真っ赤っかで酷い目にあいました。

さてこんな暑い日にはどっぷり夏っぽい歌が聞きたくなりま
すね!・・・私だけ?暑苦しい?

夏の歌と言えばすぐ思い出すのがやはりサザンでしょうか?
「勝手にシンドバッド」「真夏の果実」「チャコの海岸物語」等々。
それにTUBE!
「あー夏休み」「サマードリーム」「シーズンインザサン」まさに
夏歌です。

他にはケツメイシ「夏の思い出」、杉山清貴「サマーサスピション」
ゆず「夏色」等、夏っぽい歌手は他にオレンジレンジ、湘南乃風、
DEENにカルロストシキでしょうか?
齢がばれます・・・

おや?夏っぽい女性シンガーは?
夏=日焼けイメージのせいかぱっと思いつく人があまり居ません
ねぇ。

でも居るんです夏女が!
まずは渡辺美里!
「サマータイムブルース」「夏が来た」「真夏のサンタクロース」
結構、夏、夏してます。
夏、夏と言えば石川優子。
「二人の愛ランド」「シンデレラサマー」と夏イメージ全開です。

他にもaiko「花火」「かぶとむし」
松田聖子「夏の扉」「渚のバルコニー」
プリンセスプリンセス「世界で一番暑い夏」
山下久美子「赤道小町ドキッ」
早見 優「夏色のナンシー」
榊原郁恵「夏のお嬢さん」
桜田淳子「夏にご用心」
・・・70年代まで来てしまった・・・

私の個人的なお薦め夏ソングは
山口百恵「ひと夏の経験」
class「夏の日の1993」
Toshi&Naoko「夏ざかりほの字組」

完全に懐メロオンリーでカラオケ禁断症状出まくりです。
[PR]

by suzukiayn | 2013-07-09 14:22 | Comments(0)  

エジプト

エジプトが大変な事になってます。
解任されたムルシ元大統領の支持派と反対派が各地で
激しく衝突し死者まで出ています。

2年前に「アラブの春」という民主化の運動で独裁政権で
軍をも支配していたムバラク大統領が失脚。
変わってムスリム同胞団の支援で新たに大統領になった
ムルシさん。

このムルシ大統領は民主化を推進する一方で軍の幹部
を更迭したりしてムバラクカラーを消そうとしましたが、
暮らし向きも良くならず、軍部にも不満が募り、クーデター
が起きてしまい、今回監禁され失脚しました。

軍が出てきて、ムルシ大統領を捉えて、他の暫定大統領
を据える・・・民主主義とは程遠い、ある意味ムバラク大統
領時代よりも悪い状態です。

事態を複雑にしているのは、エジプト国民の変わり身です。
2年前民主化に歓喜した人が今回、軍のクーデターを支援
している・・・いったいどうしたいのか分かりません。

2年の我慢で限界が来てしまった?
30年の独裁政治が2年でコロッと変わるなんて無理です。

軍が大きな力を持っているエジプトでは民主化は無理・・・
今回それを証明してしまった様に思えます。

暴力で押さえつけられる国に幸せは来るのでしょうか?
エジプト国民の冷静さが問われます。
[PR]

by suzukiayn | 2013-07-06 16:41 | Comments(0)  

THE GOOD-BYE

THE GOOD-BYE

元たのきんトリオのよっちゃん・野村義男、
リーダー、ヤッチンこと曾我泰久、
ドラム、こーちゃんこと衛藤浩一、
最年長、ぱっつぁんこと加賀八郎の4人組のバンド

よっちゃんが中心となって結成されたので、
「どうせアイドルバンドだろ!」
と思われがちですが、とんでもない!
よっちゃん自身もアイドルよりこちらの才能の方が
豊かで、本来の天職、希望の進路だったはず、
とにかくみんなギターテクニックなど素晴らしく、ア
イドル感まるでなしのバンドです。

今年9月で結成30周年!
私たちも中学生の頃、よく聞いてました。

たのきんでお馴染みのよっちゃんがメインで歌う
デビュー曲「気まぐれOne Way Boy」もいいんですが、
ヤッチンがメインで歌う「YOU惑-MAY惑」が特に好き
でした。
♪僕と一緒にDO?ドライブしない?♪と歌うヤッチンの
さわやかさが好きでしたね。

そんなTHE GOOD-BYEが30周年を記念していろんな
企画を考えていた矢先・・・
加賀八郎さんが多発性骨髄腫で亡くなってしまいました。
まだ55歳です・・・

長く白血病の治療をしていたとはいえ、30周年を一緒に
と思っていたメンバーはかなり落胆している事でしょう。

私も30年経った大人のYOU惑-MAY惑聞きたかった
です。
今はただ加賀さんにご冥福をお祈りします。
[PR]

by suzukiayn | 2013-07-03 16:36 | Comments(0)  

松坂屋

松坂屋銀座店が閉店してしまいました。
88年続いた老舗の閉店は時代の流れとは言え寂しい
限りです。
エレベーターガールなんか居て老舗の雰囲気を醸し出
していました。

銀座の松坂屋はあまり行ったことがありませんが、上野
は何度か行きました。

アメ横の傍にあり結構混雑していたイメージで活気が有
るなぁと思った記憶が有ります・・・まぁ20年以上前です
が・・・

一等地にありながらその個性を生かせず閉店するとい
悪循環は今やデパート業界では珍しくありません。

なぜデパートがどんどん廃れていくのか?

基本的に高い物しか置かないのがその最たる理由でし
ょう。
今の若い人は高い物は買いませんから若者が離れます。
ネットなどで安い物をし慣れていて定価で品物を買う感覚
は皆無なんでしょう。

私の親世代でしたら、「どこどこの包み紙なら喜ばれる」
と贈答品を買いにデパートに行くでしょうが、今はネット
で商品を選んでそのまま送ってもらいます。
それも代筆の手紙まで付けられるんですから・・・
それがベストとは言いませんが、確かに便利です。

そんな世の中ですから、そこにデパートという選択肢は無
くなる訳です。
すなわち、若者に完全に無視されている訳です。
若者が来なければその子も孫もデパートに行く習慣は
なくなるでしょう。
という事は今来店している、私の親の世代の人が居なく
なったらデパートはお終いです。

若者が来る店にする事が存続の要件でしょう。

成功例、例えば丸井。
言わずと知れた若者の洋服や雑貨を扱うデパートです。
こちらは常時、安い商品を並べてる訳ではありませんが、
セールで集客したり、通販の雑誌を発行したりしてその
存在感を確保しています。

同じ様な感じで伊勢丹も頑張っています。
伊勢丹は丸井よりもお客さんの年齢層が広いです。
若者のファッションに敏感ですし、通販もしっかり押さえて
ます。
尚且つ長年の利用者のニーズにも応えている・・・言わば
デパートの理想形かもしれません。

3世代で買い物が出来る・・・少なくても30年前はそういう
存在でした。
デパートに行くワクワク感・・・あの頃の輝きを取り戻して欲
し・・・がんばれデパート達!!
[PR]

by suzukiayn | 2013-07-01 18:11 | Comments(0)