<   2013年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

空梅雨

本当に雨が降りませんね。
通りすがりの女性も雨傘ではなく日傘を差しています。
こんなに雨の少ない梅雨はあまり記憶にありません。
結構振った時も台風の影響が大きく、梅雨だからとい
う感じではありませんでした。

梅雨時に取水制限が出たり、湿度が40%を下回ったり
・・・異常気象ですね。
梅雨前線に元気がないとカタツムリも紫陽花ももちろん
野菜や果物も元気無くなってしまいますね。

子供の頃は6月になると連日雨で、7月の中盤から晴れ
が続くと梅雨明け=「もうすぐ夏休みだ~!」と思ったも
のですが、今年はもう夏休みが始まりそうな天気です。

そんな空梅雨でも子供のプール開きの日は寒い雨で延
期になったり、1年生恒例の砂場遊びの日も朝から雨だ
ったり、お天道様はみんなに意地悪です。

あんまり意地悪だと、せっかくのお盆休みに台風とか来
そうで・・・そこだけはやめてぇ~
[PR]

by suzukiayn | 2013-06-29 16:04 | Comments(0)  

サザン復活!

ついにサザンオールスターズが復活します。
5年ぶりだそうです。

私たちの年代は勿論、サザンオールスターズの復活
を聞けば、「嬉しい!」と思う人はたくさんいるでしょう。


思い起こせば、私が小学4年生の頃、テレビに突如現
れたジーパン姿の下品な兄ちゃん達がサザンの始まり。

ララララララ♪ラララ♪・・・とラばっかり言ってる変な兄ちゃ
ん達が出てきたけど、どうせすぐ居なくなる・・・なんて
みんなに思われていたでしょう。

私の母も「なんでこの人達、私服でテレビ出てるの?」
と言ってましたから。

けど、それがテレビやラジオの歌番組では常連になり、
ヒットチャートも1位連発、いつの間にか私たちの青春
時代・車のカセットデッキにはいつもサザン・・・
そんな存在になり、今や日本一のバンドと言っても過言
ではないスーパーバンドになりました。

そんなサザンが5年も休んでいたんですから、日本も
パッとしなかった訳ですよ。

アベノミクスで経済は少し元気になってきましたが、国民
一人一人はまだそれ程元気を取り戻せてない感じがし
ますから、サザンの歌でみんな元気になれるといいです
ねぇ!
復活を想像しただけで、なんか元気が出そうな気がしま
す!!

でも桑田さんは充電中に大きな病気もしていますから、
体に気を付けて無理せず・・・
あと20年!お願いします!!
[PR]

by suzukiayn | 2013-06-26 14:06 | Comments(0)  

G8

G8・・・Group of Eight の略。
日本語では主要8か国と言えばいいんでしょうか?

さて、この8か国、すぐに言えますか?

日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアの
6か国で最初はスタートして、途中からカナダとロシア
が加わってG7を経てG8、これが正解です。

G7になった時はカナダは普通に仲間入り出来ましたが、
G8の時、はい、ロシアが加わる時はそうはいきません
でした。

アメリカとは元々仲が悪く、冷戦状態でした。
冷戦は解消された後でしたが、緊張状態は続いていて
かつロシアは当時、情勢がかなり不安定。
この不安定がG7にはかなり気がかり。
このままにしておくと資金確保の為、核の技術が各方面
に流出する懸念があり、当時のクリントン米大統領がロ
シアに歩み寄ってG8になりました。

そんなG8を含めたもっとでっかい組織がG20です。
中国・韓国・インド・インドネシア・オーストラリア・トルコ・
・メキシコ・ブラジル・アルゼンチン・サウジアラビア・
南アフリカ・EU(欧州連合)を加えてGroup of Twenty
ですね。

G8発足時は主要先進国の集まりという事で世界への
影響力が相当大きかったんですが、最近では発展国の
急成長でG20の意見の方がインパクトが大きくG8も
タジタジです。

しかしG20は日本が中国と韓国問題を抱えていて、
「仲の悪い大家族」とも言われているので1つの意思を
決定する事が非常に困難です。

その点、G8は長年の付き合いがありますからまとまり
易い。
結局、G8でまとまりつつある意見をG20に上手く落とし
込んで会議をリードする流れが自然と出来るんでしょう。
そう考えると、やっぱり世界のリーダーはG8って事に
なりますね。

え?日本がG20のお荷物?
ダメですよ、そんなこと言っちゃ!
[PR]

by suzukiayn | 2013-06-19 18:30 | Comments(0)  

歴史的勝利!!

全国のラグビーファンの皆様、すみません!
先週がチャンスで今週は無理・・・と書いちゃったんです
が・・・ウェールズに勝っちゃいました!!

若手中心の編成とは言え、ウェールズ側もテストマッチ
(国同士の真剣勝負)と認めての一戦ですから・・・
「勝ちは勝ち」です!

前半こそはロースコアでの接戦でしたが、後半は日本の
ワンサイド、「魔の30分」と言われるラスト10分も守備が
崩壊することなく守りきりまさに歴史的勝利でした。

初戦の勝敗をプラスに転換できたのは敗者だった日本の
方で、その反省点を即、実戦で修復出来たところは見事
でした。

正直、今までの日本代表とは違う!と思ってしまいました。

今回、なぜ勝てないと私が思ったかと言うと、直前のパシ
フィックネーションズカップと言う大会で目下の目標である
トンガとフィジーに連敗し、敗戦もそうですが、その内容に
進歩が見られず、逆に以前よりも差が開いている感じが
したからです。

12位のトンガ、14位のフィジーに完敗の15位日本・・・
まさか2軍とは言え5位のウェールズに勝てる訳がない・・・

ラグビーファンならだれもが思う正直な予想だと思います。
でもその予想は良い意味で裏切られました。

多くの選手が涙した勝利、代表戦では珍しい光景です。

ただ、うれし涙は昨日まで!
トンガやフィジーにリベンジしないと5位のウェールズに勝っ
たことがフロックだと言われてしまいます。
ですから次はまず「打倒フィジー」で。

予想外して偉そうな事言えませんけど・・・
[PR]

by suzukiayn | 2013-06-17 18:44 | Comments(0)  

ウェールズ戦

チャンスだった・・・
ラグビーの日本代表が8日の土曜日に戦った相手は欧州
6か国対抗の覇者・ウェールズ。
惜しくも18―22で敗れました。

4年に1度結成されるイングランド、アイルランド、スコット
ランドとの連合軍ブリティッシュ&アイリッシュライオンズ
に主力選手をごっそり持っていかれているとしても、相手
は世界ランク5位の強豪チーム。

控え組もさることながら、移動疲れ、不慣れな気候でした
から歴史的1勝をあげる最大のチャンスでした。
逃した魚は大きかった・・・

今日、第2戦があるのですが、当然ウェールズサイドから
すれば、前回は「やばかった~」と思っているでしょうから
気合を入れ直すでしょう。
日本は前回以上のパフォーマンスを見せないと勝つこと
は難しいでしょうね。

ただ、ネガティブに考える必要もないのかなとも思います。

2軍でも強豪国のプレースタイルや個々の強さ、パフォー
マンスはやはり本物で学ぶべきところがたくさんあるはず。
2019年にワールドカップの開催国になる世界ランク15位
の日本にとっては貴重な経験です。

勝敗にもこだわりたいですが、今の日本がどの位のレベル
なのかを把握して、自分たちのどんな攻撃が有効なのか、
足りないものは何なのか、その辺が分かれば世界との距
離を縮める事ができるはずです。
勝てなかったと下を向かず試合内容のデータの収集も大切
だと切り替えるべきです・・・2戦目はまだこれからですが・・・


サッカー同様、最近はラグビー選手にも「海外組」が存在
します。

南半球のプロリーグ「スーパー15」
これはラグビー界で世界最高峰と言っていいリーグで、
このリーグに日本人選手が参加できるなんて数年前まで
考えられなかった事です。

そのリーグに今、田中史朗と堀江翔太という選手が出場
しています。

私に言わせれば、サッカーの香川真司選手に匹敵する
位の偉業です。
もちろん今回の日本代表に選ばれています。

実際にたった2人ですが、こういった選手の経験値をチー
ムに落とし込んでの今回の善戦と言ってもいいでしょう。

こういった選手がもっと増えれば必ず日本のレベルは上
がります。

「ワールドカップ日本大会までに世界ランク10位以内」
私が勝手に思う目標ですが、それを実現できれば、過去
ワールドカップでジンバブエにしか勝っていない日本にと
って本当の意味の歴史的1勝(2勝目)が成し遂げられる
のでは?

・・・その前に2015年にもワールドカップはありますが・・・
そこではちょっと厳しいかも・・・ネガティブですか?
[PR]

by suzukiayn | 2013-06-15 10:18 | Comments(0)  

統一球

プロ野球で使用している「統一球」
去年とは違う、不統一球だったことが判明しました・・・
こんなシーズン中の変な時期の試合の真っ最中の
会見で・・・

この統一球はそもそも日本の野球が世界のベースボ
ールと対等に戦えるために、例えばWBCのような国
際大会で不慣れとならない様にと仕様変更して導入
されました。

主な改良点は「低反発」
結果、ホームランが激減、投手有利になりました。

それが面白いかそうでないかは観る側の考え方ですが、
まず、そもそも世界統一球のつもりがWBCで使った球
と全然違った時点で「?」でしたし、ホームラン減でつま
らないの周囲の声に対し、日本野球機構とミズノの一部
の幹部との隠ぺいの元、ボールを取り換えた事実・・・
これはちょっと酷い話です。

変わったでしょ?の問いかけに対し、変わっていない!
と言い続ける・・・こういったスポーツの世界に「嘘」はあり
なんでしょうか?

加藤コミッショナーは会見で
「知らなかった」
「不祥事とは思わない」
と言っていますが、果たしてそうでしょうか?

この件に関し、チーム、選手側も
「去年、力の衰えを感じ、引退した人もいる」
「チームの補強のポイント、起用法が違う」
(飛ばないはず=長距離バッターよりアベレージヒッター
を重用したり、投手有利=投手の人数編成を減らしたり
・・・等々)と猛抗議です。

いざ開幕して、様子がおかしいとなって、急いで起用法等
調整したけど、すでに相当負け越してる・・・あり得ますよね!

だいたい、球の使用をこっそり変更して気が付かれない
と思ってることがプロを馬鹿にしているし、この球に思いを
込めて、生活を賭け、人生を命を賭けてプレーしている
人への冒涜以外の何物でもありません。

コミッショナーの名前が刻印されている「統一球」
その中身をコミッショナー自身が知らないのは馬鹿げた話
ですし、コミッショナーは責任を転嫁したいみたいですが、
コミッショナーを長とした日本野球機構にとってはものすごい
不祥事です。
うわっついて名前を刻印してる事がかえって選手やファンの
怒りをかってます。

初めに機構ありではなく、ファンあり、選手ありでボールを
投げて初めてプロ野球です。
勘違いしないでほしいです!!!
[PR]

by suzukiayn | 2013-06-13 09:33 | Comments(0)  

やるな、阪神

巨人が楽天に敗れ、再度2位に陥落してしまいました。
阪神はまたもサヨナラ勝ちで再び首位返り咲きです。

やるな、阪神とタイトルを付けましたが、私が言いたい
のは、昨日の巨人の敗戦理由で、それははっきり言って
エース「内海投手」!

2回に中島選手に打たれたホームランは仕方がない、
でも4回がいただけない。

ワンアウトからジョーンズにヒット、次のマギーをアウト
にして2アウト・・・問題はその次の中島選手への投球
です。

第1打席のホームランは今季1号、プロ通算9本目、
去年はホームランなし、そのバッターの第2打席・・・

あなたが巨人のエースならどんな心理状態でどんな
ピッチングを心がけますか?

私なら第1打席を悔しく思い、
「さっきみたいにはいかないぞ!」
「絶対に打ち取ってやる!!」とムキになって勝負する
と思います。

巨人のエースですから。
何処の誰でも4番バッターだろうがホームラン王だろうが
「負けないぞ」と向かっていく気持ちがなければ務まりま
せんしすぐに誰かに奪われてしまいます。

ところが内海投手は勝負を避けた様な半分敬遠みたい
なピッチングで四球・・・ここで勝負ありです。

次の嶋選手にも四球、その次の島内選手に3点タイム
リー2塁打、その後のピッチャーマー君にまでタイムリー
を許し、この回までで5失点ノックアウトです。

私に言わせれば、
「中島選手に2打席連続ホームランでも2点しか入らな
いじゃないかー」
「ほら逃げたから、4点も取られた!」です。

100勝を前に4度失敗、完全に意識しすぎでしょう。
彼にとって必要なのはたかが通過点の100勝目ではなく、
巨人のエースとしてのプライドです。

次にあんなピッチングをしたらエースの座を誰かに譲るべき
でしょう。

昔、今メジャーで頑張っている上原投手がキャッチャーからの
敬遠のサインに対し、勝負できない悔しさからマウンドで涙を
流したことが有ります。

そのバッターから逃げて勝っても本当の勝じゃない!と。
それこそエースでしょう。

確かに個人のプライドよりチームの勝利が優先です。
監督が判断したのならそれに従うのは当たり前です。
でもそこに闘志がなければ、勝負しなければいけない時に
対等な勝負は出来ません。

「あなたは100勝にこだわるより、エースの姿にもっとこだわり、
マウンドでチームに、観客に、見せるべきエースとしての姿が
あるはずです」
内海投手の奮起を期待します。
[PR]

by suzukiayn | 2013-06-10 15:52 | Comments(0)  

桐生 祥秀

スーパー高校生・桐生祥秀君。
先日の織田記念陸上で100メートル日本歴代2位の
10秒01をたたき出した、今陸上界では最も注目され
ている選手です。

注目されている理由はアジア人初の「夢の9秒台」
まだ17歳の高校3年生ですからその可能性は期待
「大」です。
中学2年では11秒2と普通に早いだけでしたが、3年で
10秒8・・・1年でこんなに伸びるの?
高校1年で10秒5、2年で10秒1、そして3年で10秒01
です。
中高で1.2秒短縮、壁に当たることをしらない↗です。

100メートル走は元々、素質が絶対条件。
努力すれば誰でも10秒台で走れるかと言うとそうではあ
りません。
生まれ持った素質、選ばれた人しか走れません。
それにプラス・パワーはもちろん、あとテクニックで一流
です。

100メートル走の選手は結構ベテランも多いのですが、
その理由がテクニックと体型。

まずテクニック。
スタートや中間走、走行中のリラクゼーションにゴールの
胸出し、走り以外でもスパイク、アップシューズの選択、
日々の調整など、経験値が必要、それらをトータルでテク
ニックです。
若さが出て負けるって事が結構あるみたいなんです。

もう一つの体型。
自身も経験が有りますが、この時期大人になるにつれて、
筋肉の量やそれに合わせて体重等が変わります。
トレーニングを続ければ筋肉の量は当然増えます。
そこでバランスを崩す事も有り得ると。
これは避けることのできない宿命です。
体が出来てから全体のバランスが取れて、タイムを伸ば
す選手も当然居る訳で、そのピークには個人差があり
ます。

いま桐生君はその好タイムから考えてもそのバランスが取
れていると考えられて、そのバランスが崩れたときにタイム
が出なくなる、結局高校時代の記録がベストタイム・・・
過去にそういう選手がたくさん居ます。

かつて有名だった不破弘樹選手も高校時代の記録を大学
でやっと0.01更新しただけでした。

そんな彼が今回、9秒台を狙って出ているのが日本選手権。
見事今日の決勝に残っています。
そこで9秒台が出るのか?

・・・私は出ないと思っています。

世間に注目されて、マスコミの取材等も増えて、頭の中の変な
プレッシャーが彼から0.何秒かを削ぎ落とすと見ています。
案外、9秒台は彼のライバル・慶応大の山縣亮太選手の方が
可能性が有るような気がします。

いろんな意味で注目の日本選手権ですね!
[PR]

by suzukiayn | 2013-06-08 12:21 | Comments(0)  

ハンド!

それにしても見事な「ハンド」でした。
サッカーワールドカップ予選、1点ビハインドのまま後半
ロスタイムで本田選手が蹴ったクロスボールがペナル
ティエリア内のオーストラリアの選手の手にあたりPKへ。
そして歓喜の同点ゴール&ワールドカップ本選出場決定
でした!

あそこまで見事なハンドは久々です。
ハンドを説明する為のビデオの様な完璧なハンド。
キャプテンが脇を締めていたとアピールしていましたが
・・・どこが!!とはっきり言える位脇が思い切り空いました。

そんなハンドがあのギリギリのところで出てしまう・・・
真実は小説より奇なり・・・とは言いますが、確かにこのシナ
リオは書けません。

ちょっと不運が続いて、正直もうだめか・・・と思いかけま
したがそこはみんなプロ!
同点にすればいいという条件でもありましたから粘り強く
戦えましたよね。

その粘りが生んだハンド・・・日本に神風が吹きました。
今までの敗戦は本選に向けての厄払い、ツキが回ってきま
したよ~
いざブラジルへ!楽しみです!!!
[PR]

by suzukiayn | 2013-06-05 11:49 | Comments(0)  

初・運動会

先日、娘の運動会に行ってきました。
小学生になって初めての運動会です。

運動会と言えば場所取り。
炎天下ですから木陰狙いで私も6時半に行ってみたん
ですが・・・
なんとそこには200人程のお父さんお母さんの列が!
・・・1番は4時とか・・・

しかし、その人たちが狙ったのは子供を間近れで観れる
「炎天下スペース」
具体的には入退場門の脇とか子供たちが控えている傍
とかでしょうか?
そこにテントを建てて見たかった様です。
・・・テントはご遠慮くださいと言われていたんですが・・・

200番位の私が確保した場所は・・・見事「木陰スペース」
でした!
傾斜地ではありましたが、グラウンドも見える完全な木陰
でじっとしていると寒い位快適な場所でした。
そこで2時間程ゆっくり過ごしてさあ本番、運動会です。

うちの娘の出番は玉入れ、ダンス、リレーに徒競走です。

玉入れはただ適当に投げてるだけ!
・・・あれで狙ってるつもり?

ダンスはなかなか可愛さを発揮していたかな?

期待したリレーは「必殺・マラソン走り」で抜かれてしまい
・・・実は保育園時代に前歴有!・・・ちょっと残念。

最後の徒競走も二人ともなぜか最後に流して6人中4番、
双子だからって仲良く4番にならなくても・・・

こうして運動会はあっさりと終わりました。
この日までの数日間、予行練習で疲れ切った2人にやっと
休息が訪れました。

勝っても負けても元気に頑張ればそれで良し!
1年生の運動会ですからね。
[PR]

by suzukiayn | 2013-06-04 17:36 | Comments(0)