<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

嶋 大輔

時は80年代。
当時、ツッパリという文化がありました。

中学生だった私も、学生服のズボンは太く、詰襟は長く、
第一ボタンは外し、下には赤いトレーナー、靴は先が
とんがった革靴、かかとの裏には金具を付け、チャリチ
ャリ音をさせ、鞄は下敷きしか入らない位ぺしゃんこ、
肩で風を切るように歩いていました。

「悪」というよりはファッションなんでしょうけれど、結構
その気になって色々やってました。

当時、ナメ猫、横浜銀蝿などツッパリ関連のグッズや歌
手が結構居まして、その中の一人が「嶋 大輔」さん。

横浜銀蝿の弟分として一人でデビュー、セカンドシングル
の「男の勲章」が大ヒット、スターの仲間入りです。
この男の勲章、私、今でも歌詞カード見ないで2番まで
歌えます!

その後、ツッパリキャラから卒業して、戦隊もの出演したり、
ウルトラマンのシリーズに出たりと映画やドラマに活躍、
最近は馬主になったり、焼肉屋のオーナーになったりで、
タレントと言うよりは実業家として活躍していました。

まあそれでも、最近の懐かしソングの特番などでたまに
取り上げられていてご本人生歌みたいな感じでテレビに
出ていました。

そんな彼が、明日、記者会見をして芸能界を引退するそう
です。
なぜ、今さら引退宣言をするんでしょう?
宣言するほどテレビに出てないし・・・(ごめんなさい!)
「ハンパは嫌だぜぇ!」と言いたいのか。

噂では政治家への転身を目指しているとか。
ツッパリから実業家、そして政治家へ・・・

「所変われば、『嶋』変わる」・・・なんちゃって・・・
[PR]

by suzukiayn | 2013-04-24 14:15 | Comments(0)  

授業参観

今日、娘の授業参観に行って来ました。
もちろん父親としての初めての授業参観です。

いやー1年生の授業参観って・・・ひどいですね。
先生の言う事をどれだけ聞いていることやら。
私の見たところ先生が10言ったら半分の5しか聞いてな
い様に見えますね。

「集中力」という言葉は1年生の辞書には有りませんね。

窓の外を見たままボーっとしてたり、いきなり椅子の上に
正座したり、後ろを振り向いてお母さんに手を振ったり、
何にも関係ないところで急に立ち上がったり、上履きが隣
の子机の下に転がってたり・・・みんな好き放題。

うちの娘も「教科書を閉じて下さい」と言われても、他に
気を奪われていて開きっぱなし。
かと思うとまだ使ってる鉛筆を筆箱に片付けはじめ、
先生に「ハイ次の字を書きますよ」と言われ、また慌てて
筆箱から出す始末。

見てると何だか段々イライラしてきます。
授業参観ってもっと楽しいかな?と思ってました。
保育園で同級だった男の子のお母さんも
「ひどい!うちの子、一番前に座らせて欲しい!」と嘆いて
ました。

これが毎日ですから、先生ってストレス溜まるだろうなぁと
つくづく思いました。

ま、でも1年生になったばかりです。
そんなもんでしょう。
少しだけ注意して、あとは「頑張ったね!」と褒めてあげると
しますか。
[PR]

by suzukiayn | 2013-04-23 17:21 | Comments(0)  

榎本 淳平

久々に母校ラグビー部のお話です。

関東学院のラグビー部は昨年リーグ戦全敗、入れ替え戦
でも敗れ、二部に落ちてしまいました。

今季は昨季の桜井監督・春口部長体制をやめ、春口監督
単独体制に変更・・・と言うより戻ります。

強い頃と同じ体制と喜ぶなかれ、もしこれでダメなら春口さん
が全ての責任を取る・・・そういう意味の「春口監督」です。

そんなチームに頼もしいコーチが来ます。
榎本淳平、、もちろんOBであだ名はJP、出身高校は保善高校、
実家はコンビニ、強豪・三洋電機でキャプテンを務め日本代表
にも選ばれたハードタックラーで昨年までパナソニック(前三洋
電機)でコーチを務めていました。

このJP、関東学院OBでもトップクラスの理論派!
なのに熱い男で、二部落ちした沈滞ムードのチームにはうって
つけのコーチです。

頭と体にラグビーを叩き込む!です。

元々、三洋、パナソニックとの合同練習等を企画してくれてい
た関東学院愛の強い人です、きっと1年で一部に上げてくれる
でしょう。

そうは言ってもプレーするのは現役選手です。
コーチの力だけでは勝てません。
コーチに甘えるのではなく、トップリーグ仕込みの厳しい練習
に耐えて一回りも二回りも大きく成長して欲しいですね。

そんなチームに今年は31人の新入生が入りました。
ここ数年、大きな選手があまり入りませんでしたが、今年は
190センチ以上が2人、100キロ以上も5人とまずまず。

この中に、かつての、松田選手や仙波選手、箕内選手の様な
ダイヤモンドの原石は居るんでしょうか?

早く一部で優勝しろなんて言いません。
一生懸命に練習して、ラグビーの事をもっと勉強して、マニアも
初心者でも、観ていて楽しいラグビーをして欲しい・・・
それって、イコール基本が出来ていて、学生らしく大らかに、勝
ったら喜び、負けたら悔しがる、そして何よりエンジョイする事だと
思います。

二部に落ちても母校は母校、見捨てたりしませんよ!
頑張れ関東学院ラグビー部!
頼むぞJP!!!
[PR]

by suzukiayn | 2013-04-20 10:38 | Comments(0)  

都営バス

東京都知事の猪瀬さんが都営バスを24時間運行
しようと思っているとニューヨークで講演しました。
ニューヨークの地下鉄が24時間運行な事に触発
されたようです。
最初のルートは六本木↔渋谷を予定しているとか。

そんなの必要ですか?
要らないでしょう。

まず、運転手さんが気の毒です。

夜だけ運転する訳じゃないでしょうから運転手さんの
健康維持も大変でしょう。
昼夜問わず、あの大きな車体を操作するんですから
操作ミスによる「事故」も考えないといけません。
決められたレールの上を走る電車の様にはいきません。

加えて、六本木と渋谷の往復では客の大半は酔っ払い
です。
トラブル連発ですよ、間違いなく。

喧嘩、無賃乗車、ちかん、汚物・・・
想像しただけで最悪です。

そもそも六本木↔渋谷っていうのがセンス悪くない
ですか?
近すぎます!!
局地的な過剰サービスですよ。

自分がもし渋谷で飲んでて、「よし!次、六本木だ!」
となった時、バス停でバスは待ちません。
絶対タクシーを使います。
たった1キロちょっとの距離です。
場合によっては、酔った勢いで歩きます。

もう一つ、気に入らないのが、夜型を助長していること。
前から書いてますけど、夜、出歩人が増えると、犯罪も
増えます。
犯罪を犯さないまでも、悪いことを考えたり、非行に走る
子供が増えたり、体調を崩したりとデメリットがたくさん
あります。
大げさに聞こえるかもしれませんが、そういった要素は
否定できませんよね?

猪瀬さんは景気対策で繁華街が潤うと考えているんで
しょうが、治安の維持や青少年の非行を減らす事も大切
です。
民間企業がやるならまだしも、お役所が率先してやる事
ではないと思いますけどね。

どうしてもと言うなら、せめてクリスマスから大晦日の間
だけ限定程度にして欲しいですね。

この24時間バスは必要悪!!
私は完全否定、大反対です!!!
[PR]

by suzukiayn | 2013-04-16 18:17 | Comments(0)  

三國連太郎

三國連太郎さんが90歳で亡くなりました。

三國連太郎さんと言えば、最近では間違いなく・・・
釣りバカ日誌の「スーさん」でしょう。

映画「釣りバカ日誌」で西田敏行さん演じる浜ちゃん
と共演。
破天荒な自社の社員・浜ちゃんに惑わされ、結局は
付合わされてはめを外すはめになる大手建設会社
の会長・・・はまり役です!!
ワンパターンの中にどこか安心感のようなものを感
じる良い映画でした。
数年前の20作目を最後に釣りバカ日誌は終わりました
が、三國さんの体調に考慮した部分もあったんでしょう。

コメディタッチの映画のイメージが定着していますが、
以前はもちろんシリアス物が殆どで代表作には
「飢餓海峡」「霧の旗」」「八甲田山」「復讐するは我にあり」
などたくさんあって、1984年に紫綬褒章を受賞して
います。

そんな三國さんの息子さんと言えば俳優・佐藤浩市さん。
三國さんの息子という後ろ盾が無くても、立派な俳優さん
ですよね。

でもこのお二人、親子として暮らしたのはもう何十年も前
で数年間だけ・・・
佐藤さんが幼少の頃、両親が離婚、確執があるまま成長
して、因果なもので父と同じ職業を選んだ。

殆ど会わなかったようですが会えば「佐藤君」「三國さん」と
他人行儀。
ちょっと切ないですね。

普通のサラリーマンなら過去の事で終わりでしょうが、芸能
界という「世界」がつながって、その中に双方が属していれば、
何かと突っつかれ、それを売りにしなくても、三國さんの息子
、佐藤さんの父と言われてしまう。

芸能人のこういったストレスって本当に気の毒ですね。

「役者として生きた。孤高さを自分の中に守りながら芝居に
関わってきた。それは親父の死に顔を見て感じた」

これは佐藤さんのコメントですが、亡くなった三國さんの顔を
見て役者魂を感じたと読み取れる一方で、逆に安らかな顔が
久しぶりの「親父の顔」だったとも読める気がして・・・

もしかすると、佐藤さんは三國さんの親父の顔が少しでも見
れる気がしてこの世界に入ったのかも・・・
それが亡くなるまで見れなかった・・・
だとしたら、辛すぎます・・・
[PR]

by suzukiayn | 2013-04-15 17:45 | Comments(0)  

ミサイル

ミサイルが発射されるのか、中止されるのか・・・
私はとても心配で落ち着きません。

世間は何だか変な雰囲気に包まれています。
何時撃つのかとか、撃つなら撃てとか・・・
恐ろしさをよく分かっていない・・・
メディアからの情報を対岸の火事だと思っているの
か、どこか他人事の様な、まさに戦争を知らない世
代丸出しの反応です。

はっきり言えることは、発射されない方がいいに決
まってるって事です。

発射されればただでは済みません。

撃たれた側が完璧に撃退出来る保証はありません。
イージス艦もパトリオットも成功率100%ではありま
せんし、複数のミサイルが撃たれたら、その%は益々
下がります。
多くの犠牲者が出る可能性が有るって事です。
みんな何故か自分の頭の上には落ちてこないと思っ
ています。
私の住む横須賀はそうはいきません。
名指しされている基地から500メートルの場所に住ん
でいるんですから・・・

撃った側は報復されて確実に焦土と化すでしょう。
これはアメリカの軍事力を見れば明らかです。
そのスイッチを押してしまったが最後、必ず犠牲者が
出ることになります。

アメリカの強硬な姿勢、中国やロシアも非難。
このまま時が進んでも国の情勢は悪くなるばかりです。

新しいリーダーが旧態依然の国家を1から変えれば、
真のリーダーになれるのでは?

自身の生まれてくる子供の顔を見て気持ちが変わって
くれればと思います。
[PR]

by suzukiayn | 2013-04-12 18:31 | Comments(0)  

春の嵐

春一番なんて言葉がありますが、これは春が来た事
を告げる風物詩のようなイメージもあるちょっと強い
風の事です。

今晩から明日にかけて吹く風は「春の嵐」

春一番とは比べ物にならない凄い嵐の様です。
テレビやラジオ、ネットでも盛んに外出を控えるように
と呼びかけています。

昨年4月3日に猛威を振るった「爆弾低気圧」に似てい
るかなり強力な低気圧になりつつあるそうです。

去年の爆弾低気圧は瞬間最大風速41.9mを記録し、
トラックがひっくり返ったり、木や看板が飛ばされたり
して5人死亡、怪我人400人以上の大惨事でした。

実際、わが家でも庭木がなぎ倒され、家にのしかかっ
て来てしまい、怖い思いをしました。

それに似た規模の低気圧という事ですから、確かに
外出は控えるべきでしょうね。
突風、高波はもちろん、ひょう、落雷、竜巻の心配もある
そうですから本当に怖いです。

風での怪我人って秋の台風の時期より、この春の時期
の方が多いそうです。
台風は毎年の事ですし、近づいてくる様子がわかります
からある程度、準備ができます。

でも春の嵐は毎年という訳ではありません。

来るかと思えば急に発達しますし、時期も悪い・・・色々な
催しがある忙しい時期です。

確かに、今日から新入生だとか新入社員だなんてなった
ら無理してでも登校、通勤する事もあるでしょう。
怪我する時なんてきっとそんな時なんでしょうね。

わが家の娘も月曜日に初登校ですから、この爆弾低気圧
には早くどこかに消えて欲しいです!
[PR]

by suzukiayn | 2013-04-06 14:11 | Comments(0)  

入学式

今日、午前中に娘の入学式に行ってきました。
ランドセルを背負わせ、家族4人で通学路を歩き、
(片道30分!!)今日からいよいよ小学生です。

なにか私自身が新しい環境に身を置くような、背筋
を伸ばし、身を正さねばならない様なそんな気がして、
なんだか疲れました。
二人ももちろんクタクタでした。

基本、双子は別のクラスになる様で、二人も1組と2組
とに分かれました。
別の教室に分かれて二人はどこか不安そう。
いつも一緒だったので、初めての経験です。
ここが親としても1番不安な部分です。

新しい環境って元々心細かったりするのに、そこにいつ
もの相棒が居ないと、どんな心境なんでしょう?
私には理解出来ない、とっても、とっても寂しい感覚が
ある気がしてなりません。
きっと人一倍不安に違いないと。

二人には
「それぞれの友達と友達になればみんなの倍になるよ」
と励ましていますが、そう言っておきながら、隣のクラス
の事が気になり過ぎて自分のクラスの友達と上手く仲
良くできないんじゃないかと勝手に思ってしまいます。

でも、そんな心配ばかりしていても仕方がない!
自立するいい機会と切り替えて、今までのワンペアから
一人ひとり、別の人としてしっかり成長して欲しいなぁと
思う事にしました。

今まではクラスの中で「どっち?」と言われて戸惑ったで
しょうが今度はクラスではそれは無くなります。
私は私です。
先生ももちろん違うし、時間割だって宿題だってきっと違
います。
「今日は私宿題でなかたぁ」「えー私はいっぱいある・・・」
二人の行動パターンも違ってくるかもしれません。

そんな生活の変化から、きっと、現れてくる「私らしさ」を
親としてしっかり見つめて大切に育てていこうと改めて思っ
た入学式でした。

二人とも、学校ちょっと遠いけど、頑張れ!!!
[PR]

by suzukiayn | 2013-04-05 15:10 | Comments(0)  

師弟で受賞

長嶋茂雄さんと松井秀喜さんが二人揃って国民栄誉賞
を受賞するようです。
大変おめでたい事だと思います。
長嶋さんが巨人入団から55年、55と言えば松井さん、
じゃあ二人揃って5月5日にドームで授与式だ~となる
ようです。
結構こじつけ?

でも二人とも喜んでいます。

長嶋さんはまさにこの賞を受賞する為に生まれてきた
様な人・・・と言っても、王さんがホームラン世界記録を
出した時にできた賞ですから、長嶋さんは既に引退
してましたかね?

でも国民に勇気と希望を与えた人に授与する賞ですか
ら、はっきり言って遅すぎです。
もらって当然のスーパースターです!
「松井君と一緒なんてこの上ない喜びです」とコメントし
てます。

そして松井さん。
師匠の長嶋さんと一緒の受賞で本人は恐縮しているよ
うですが、日本プロ野球で10年、メジャーリーグでも10年
そして、どちらでもMVP獲得は前人未到、凄い事です。
第一子の男の子も生まれたばかりでお祝い事満載です。

ただ、二人にとってそれぞれ別の理由の「残念」があり
ます。

長嶋さんはご存知の通り、脳梗塞のリハビリ中です。
元気といえば元気なのでしょうが、以前の「4番サード」
のイメージではなくなってしまっています。
病気に立ち向かう姿が別の意味の勇気を与える姿とも
言えますが、やはりもっと早く授与するべきでした。
そこがちょっと残念です。

松井さんは長嶋さんと同時な事が残念では?
前述の通り、長嶋さんの受賞は誰に聞いても遅すぎです。
一方、松井さんは30代と若く、でも早い訳ではないけど、
長嶋さんとどうしても比べられて、「早い!」と言われがち。

その辺の周囲の声は松井さんのあの大きな耳にはよく聞
こえるのか、とっても敏感です。
彼に国民みんなが祝ってくれている訳ではないと過剰に思
わせるのでは可哀想です。

先日の大鵬さん、そして長嶋さんが遅すぎた反省を生かし
松井さんがグットタイミングで受賞したという事です。

おふたりとも、本当におめでとうございます。

4番サード長嶋茂雄とピンストライプ松井秀喜、双方の活躍
を観れたギリギリの世代代表の私からも家庭内栄誉賞を
授与したいですね!!
[PR]

by suzukiayn | 2013-04-02 14:07 | Comments(0)