<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

もうすぐ本番

パソコンが調子悪くてしばらくお休みして
しまいました。

さて、WBCがもうすぐ本番です。
私の落選予想は皮肉にも巨人の村田選手しか
当たりませんでした。

本番まえにこの選考で一言・・・

投手は浅尾投手が投げられませんでしたから
当然でしたし、山井投手も迷いましたけど、
WBC球にアジャストできてませんでしたから
納得です。
まぁ、両方とも中日というのが少しギクシャク
しそうですけど・・・

ただ、広島マエケン投手の調子が気になります。
日本のエース候補の彼は、少し位調子が悪くて
も選ばれて・・・しまう。
そんな状態で無理をして今年を棒に振らないと
いいんですけど。
かなり無理をしている気がします。

問題は野手です。
セパ両盗塁王の大島選手、聖澤選手を外した
のはいかがななもんでしょう?
一人ならまだしも二人共外すのは考えられま
せん。
スモールベースボールです、足です、守備で
す!
パワーでは勝てません!
いざと言う時の代走に本多選手一人では物足
りません。

阿部選手が8回にヒットで出て、代走本多選手。
9回に中田選手がヒットで、代走は・・・井端選
手?えー!!

とは言うものの、現在のコンディションが何
より大切で、去年20勝投手だろうが打率3割
5分だろうが50盗塁だろうが関係ありません。
今、勝負出来なければ意味が無い。

山本浩二監督は当然、今、勝負出来る「侍」を
選んだはずです。
もうつべこべ言いません。
この「ベストメンバー」で3連覇をお願いします!
[PR]

by suzukiayn | 2013-02-26 14:25 | Comments(0)  

隕石

昨日のロシアの隕石映像をテレビで見ましたが、
まさに映画さながらの迫力でした。
閃光と波動、振動、爆音がもの凄く、
「空爆だ!」「戦争だ!」と大騒ぎでパニック
状態だった様です。

ただ「凄い!」と言ってはいられず、この隕石の
影響で3000棟の建物が崩壊し1200人もの怪我
人が出ていて、2人は深刻な状態だそうです。

今回の隕石の大きさは10メートル、重さ10トン
時速は54000キロと予測されます。

これを事前に察知出来ないのか?
出来ないそうです。
45メートル以下の隕石を事前に察知する事は
現状、殆ど不可能で、120メートル有っても
90%は見逃すとか。
そう言いながらも、別の45メートルの小惑星が
今日、地球に最接近する事が判っている・・・
何だかよく判りません。

実際に小さな隕石は地球上に頻繁に降り注いで
いるらしく、20年以上前ですが、私も金沢区の
海岸で夜、黄色というかもうちょっと赤っぽい
大きな流れ星の様な光を見たことがあります。

流れ星という大きさではなく宇宙の出来事とい
うよりは、大気圏内、地球上での出来事に見え
ました。

イメージは小さな発炎筒が空から降ってきた感
じでしょうか?
もちろん、近くで花火などはしていませんでし
たから、恐らく隕石だったのでは?と思ってい
ます。

いきなり隕石が頭の上に落ちてきたら・・・
映画の話ではありません。
[PR]

by suzukiayn | 2013-02-16 09:43 | Comments(0)  

UNO

皆さん御存知、カードゲームのUNO・・・
同じ数字か同じ色のカードを出して手札を減らして
いく、逆周りになったり、1人飛ばしたり、色を変
えたり、2枚とらされたり、4枚、8枚な~んて事も
しばしばな大人も楽しめるゲームです。
私も実は昔から結構得意としています。
これが今わが家でブームです。

娘2人がはまりまして、「やろう、やろう」の大合唱
です。
まぁ、いきなりドロー4(次の人に4枚取らせるカード)
を出したりする破天荒なやり方ですけど、子供もたまに
勝てますから、そこに魅力を感じているみたいです。

このゲームの代表的な特徴は「ウノ!」のコール。

手札を出していき、最後の1枚になった時に「ウノ」と
言わないとペナルティで山札から2枚取るルールです。

娘がこれを頻繁に忘れるんです。
あと1枚のドキドキがコールを忘れさせる・・・
せっかくあと1枚になったのもつかの間、「はい忘れた」
でまた全部で3枚に逆戻り。

その状態からドロー4で4枚でも取らされたら、さあ~
大変・・・
「さっき、パパが忘れた事に気が付かなければあがれた
のに!!」とルール度外視のクレームをつけて泣き出す
始末・・・

気持ちは分かりますが、ルールはルールだし、わざと負
ければ良いのかと言えば、それも嫌みたいで、こっちも
面倒くさくなって長く続きません。

でも暫らくすると「やろう、やろう」です。
まぁ、妻と娘2人と一つのテーブルで皆でゲームをする
のも考えてみれば、とても幸せな事。
まさに一家団欒です。
今に口も利いてくれなくなるかもしれませんからねぇ。

5年後、「やろう、やろう」は私かもしれませんね。
[PR]

by suzukiayn | 2013-02-15 17:37 | Comments(0)  

WBC、落選は?

WBCの本番が段々近付いて来ましたか、選手の
選考がまだで、あと5人減らさなければいけま
せん。

その5人は・・・?

投手2人、野手3人は決定的で、どう誰が考えても
選考はかなり難しいでしょう。

私が浩二監督なら、投手で落選させるのは・・・
広島の今村選手と阪神能見投手。
昨年の成績を見ると、今村選手は思いっきり浩二
枠、このメンバーに入れただけでも名誉です。
もう1人は迷いましたけど、先発はある程度決定
した中で、本来先発なのに中継ぎに回る人と中継
ぎ本職の人との比較で、能見選手かな?と。

問題は3人削る野手です。
キャッチャーは3人体制でしょうから、内外野で
3人・・・

ずばり!
巨人・村田選手、楽天・松井選手、日ハム・中田
選手の3人です。
松井選手の長所はベテランでメジャー経験あり。
昨年の2割5分程度の打率と天秤にかけても、ちょ
っと物足りないなと。
村田選手はキャンプで爪を怪我したので、無理
かな?とすんなり決定です。

異論があるのは中田選手ではないでしょうか?
4番候補とも言われていますから。
だったら楽天・聖澤選手では?と言いたいのかも
しれませんが、足のスペシャリストの聖澤選手は
1点獲りたい時の終盤の代走として絶対に外せま
せん。

聖澤選手の「足」を外せないとなると、後の外野
は全て3割バッターで、生涯打率2割4分の中田
選手を使うのはペナントレースならまだしも、
短期決戦のWBCではリスクが大き過ぎます。

中田選手外しはまるっきり迷わなかったです。
栗山監督と山本浩二監督が同じ采配をしたのでは
問題ありです。
好きな選手を12球団何処からでも引っ張ってこ
れるんですから出塁率優先でしょう。

どうでしょう?だめですか?
[PR]

by suzukiayn | 2013-02-14 16:21 | Comments(0)  

マイナー契約

レッドソックスをFAになった松坂大輔投手が
インディアンスとマイナー契約を結び・・・そう
です。

鳴り物入りでレッドソックスへ・・・1、2年目
はまずまずでしたが、その後、故障でパッと
しないまま、6年契約終了へ。

余りにもレッドソックスに高い買い物をさせて
しまった為、契約を結んでくれる球団が見当た
らず、やっとインディアンスとマイナー契約に
辿り着きそうです。

それも年俸1億4000万円でです。
あの、松坂大輔が1億4000万?
「それで良いのか!松坂!!」
私が代わりに言いたいです。

彼、曰く、「先発にこだわりたい」との事です
が、それにしても安すぎでしょう。

なぜ日本に帰れないんでしょう?
そんなにメジャーって良いんですか?
それとも松井さんと同じで、当時のレベルを求
められると辛いんでしょうか?

日本のファンはそこまで冷たくありません。
「おかえり」と言ってくれますよ、きっと。
32歳の今の松坂で良いじゃありませんか?
あ、別に日本に帰ってくるのが辛いと言ってる
訳ではないか・・・
でも、なんだか馬鹿にされて、足元見られてる
みたいですっきりしません。

DeNAもラブコールを送ってます。
きっと3億円位の契約結べます。
ここらで一発、活躍してメジャーを見返してやっ
て、「また来てぇ」と言わせたら良いのでは?
・・・あ、DeNAでそんなに活躍されるとまずいなぁ。

西武!西武に戻って20勝だぁ、頑張れ大輔!!
DeNAに入ると番長と大輔がかぶっちゃうから、
西武ーーー!!
[PR]

by suzukiayn | 2013-02-12 17:32 | Comments(0)  

また明日も・・・

明日、天気が荒れそうです。
都心は予報では「雪」で10センチ程度積もるようです。

横須賀は暖かいので、微妙な「みぞれ」の予報です。
ただ、前回も雨かみぞれの予報で大雪でしたから
油断出来ません。
と言うか信じられません・・・

今回の予報は、午前中は前回の外れを踏まえて悪目
の予想をして、午後からは様子見した結果をそこに
プラスしている・・・言わば「おっかなびっくり予報」
ではないでしょうか?
プロはそんな予報はしませんかね?

予報士さんも良い経験をしたと思いますが、私達も
前回の経験で雪への準備は大事だということを身を
もって知りました。
ですから、我が家でもチェーンを買いました。
・・・着けられるか分かりませんが・・・

雪の予報が確定してからではチェーンは手に入り難く
なりますから、準備はお早めに!!
[PR]

by suzukiayn | 2013-02-05 17:52 | Comments(0)  

全柔連

今度は女子柔道で体罰問題です。
全日本の園田監督が女子選手に暴力を振るい、
でも、全柔連に取り合ってもらえず、結局JOC
に告発したと言うもの・・・一体何をしてるんでし
ょう?

オリンピックを日本で開催したいと躍起になって
いるのに、JOC扱いの大事にしてしまうなんて・・・
それもお家芸の柔道で!!

一度5ヶ月前に監督に注意をして、対処はそれだけ。
耐え切れなくなった選手が最終手段としてJOCへ・・・
完全に全柔連の怠慢です。

でもこの問題は先のバスケットボール部の問題とは
少し違うと思います。

バスケットボール部の件は部活動での事で教育の一環
で、体罰は絶対にいけなし、「勝利」より大切な物が
多く存在すると私は思います。

今回の柔道は全日本の合宿での事で、「勝利」する為
に日本の代表が集まっての事、それも格闘技です。
痛みを伴う格闘技、そのトップアスリートへの体罰っ
てどんな物だったんでしょう?

園田監督は「私の指導が異常だった」と罪を全て一身に
受けて辞任しましたが、どれ程異常だったんでしょう?
恐らく、コーチも数人居たでしょう。
当事者以外のスタッフが異常を感じながらそれを止めず
に今日まで来たんでしょうか?

全柔連、監督、選手・・・
日本の柔道の「弱さ」は色んな要素がある様な気がしま
す。

女子柔道はいろんな意味で女性監督にした方がいいと思
います。
[PR]

by suzukiayn | 2013-02-02 18:56 | Comments(0)