<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

スマートフォン

スマートフォン、略してスマホ、今流行りの
携帯電話ですが、どーもまだ今までの型から
取り替えようという気になりません。

理由はコンテンツがたくさん有るのは良いの
ですが、スマホの存在自体がまずコンテンツ
ありきな感じで、当然それぞれにお金が掛か
るものが多い、スマホを持つからには多少の
コンテンツに手を出すと結果維持費が上がる。

もう一つはバッテリー。
あれだけの液晶大画面ですから、当然減りが
早い。
充電回数が多いのは時間、電気代、バッテリー
取替え等の無駄が当然多くなります。

そしてあのサイズと形です。
幅は「スマート」じゃありませんから電話とし
て使いにくそうに見えます。
コンテンツを楽しむゲーム機としてならば
「小型」ですが電話として考えると2つに折れ
ないあの大きさは決して小型ではありません。

操作も基本的に両手でする事が多いでしょう。
それにボタンならば手触りがありますが、液晶
には当然ありません。
気を使って触り、狙いを定めて押す、でも隣の
枠を押しちゃった・・・なんて事も多そうです。

と、スマホの悪口を羅列しましたが、その機能
はもはや一昔前のパソコン並、大画面でその上、
カメラでもあり、動画も撮れて、ネットやゲーム
も出来てコンテンツがたくさんある。
1日中スマホで遊んでいられる・・・この流れは留ま
る事を知らない勢いです。

携帯3社の決算もこのスマホへの対応のスピード
で大きく差が出ました。
ドコモ、ソフトバンクはスマホの投入が早かった
ので10%以上の増収、遅れたKDDIは8%の減収、
明暗くっきりです。

私もスマホを持つ日が来るんでしょうかね・・・確か
にもっと老眼になったら大画面の方が嬉しいんで
しょうけどね・・・。
え?らくらくスマホ?失礼な!!
[PR]

by suzukiayn | 2011-07-30 10:27 | Comments(0)  

すいか

夏と言えば・・・すいか!
子供の頃、すいかが好きで好きで、毎日食べても
いいと思った位(冬に食べて美味しいかは疑問)
大好きでした。
私にとって果物の王様、いや、食べ物の王様は
「すいか」でした。

母に連れられてデパートへ行くと帰り際、地下の
食品売り場の一角に生ジュース屋さんが有って、
そこで頼むのはメロンジュースかすいかジュース、
私の夏の両エース。

でも東京育ちの私、食べたくてもそんなに頻繁に
は食べられず、食べれても、半分の半分の4分の
1(それは何分の一なんだ?)
テレビで志村けんさんが一気食いするコントを見
て真剣に羨ましいと思ってました。

最近はすっかり横須賀人の私ですから、すいかは
食べ放題に近い状態。
同様な現象が大好物「さざえ」でも起きています。

ところが、人間はいけません・・・と言うか私だけな
んでしょうか?
頻繁に食べれる様になると、大好き度が明らかに
下がってしまいました。
食べ物の王様が果物の王様に格下げ、そして夏の
王様になり、夏の王子様になり・・・いけませんねぇ。

昔はすいかの赤ところなんて残さなかったのに・・・
さざえは殻を割って「わた」が残っていないか確かめ
たりしたのに・・・今じゃ切れて残った部分はそのまま
食べなかったり。
なんかダメ人間になった気分です。

一年間すいかを絶食すればまた赤いところを残さない
自分に出会えるかなぁ・・・
[PR]

by suzukiayn | 2011-07-29 18:33 | Comments(0)  

木内マジック

常総学院高校野球部が茨城県大会準決勝で敗れ
名監督、木内幸男さんの長い野球人生が終わり
を迎えました。

取手二高時代、木内マジックで甲子園を沸かせ、
その後、常総学院へ。
甲子園には出場22回、全国優勝3回と輝かし
い成績です。
「ここでスクイズやるか!」という、意外性の
ある監督だったイメージです。
そんな木内監督ももう80歳。
そろそろ楽をさせてあげないと。
木内さんに頼ってばかりではいけません!

この大会で勇退を決めていた木内監督、実はがん
を患っているそうで、治療に専念するとの事です。
楽をさせるどころではなく、早く治療しないといけ
ない状態だったそうです。

まさに「野球命」
奥様や御家族には寂しい思いをさせて来たと思いま
す。
これからは御家族でテレビで甲子園観戦ですね。

木内監督!面白い野球をみせてくれてありがとう!
お疲れ様でした。
[PR]

by suzukiayn | 2011-07-28 18:33 | Comments(0)  

中国高速鉄道

中国の高速鉄道で大変な事故が起きてしまい
ました。
日本で言う新幹線と同様な電車が高速で衝突
したんですから大惨事です。
死者、行方不明者もたくさん出ています。

事故の原因は落雷で停電し列車が停まってし
まい、それに後続の列車が衝突した・・・と報
じられています。
その報道に中国国民は疑問をと言うか疑念を
持っています。

疑念を持つ理由の一つは後続の列車は落雷に
よる停電でも動いていた事。
最新の衝突防止の自動制御システムがあると
の触れ込みだったこの高速鉄道で列車だけで
なくシステムもダウンしたのに何故後続の列
車だけは停電の影響無く普通に動いていたの
でしょうか?
最新のシステムと言うなら前の列車が停まれ
ば後ろの列車も必ず停まるはず。

もう一点は先を行くはずの列車が後から来る
はずの列車に衝突した事。
意味わかりますか?
どこかで前の列車を追い越し、追い越した列
車がつっ込んできた・・・車じゃないんだから普
通そんな事は有り得ません。
例えば、始発駅の1番線、2番線と列車が並ん
でいて、1番線が先に出発しないといけないと
ころ、2番線の列車が先に出発してしまった・・・
事実なら恐ろしい・・・
つまりは鉄道会社側がダイヤを正確に運行して
いなかった可能性があるという事です。

この疑念を本物の「怒り」に変えてしまった行為
が、この事故車両を現地で埋めてしまった事です。
23日の事故で25日にはもう埋めてしまった・・・
重機で壊しながら・・・生存が確認できていない人が
要るのに・・・遺品も全て回収できた訳では無いのに・・・

この行為の背景で考えられる事は、早く復旧させ
たい・・・これは間違いないでしょう。
みんなが勘ぐる別の側面は・・・「証拠隠滅」
・・・だとしたら、ちょっと怖すぎます。
普通に考えて、国のやる事ではありません。

事故後38時間で復旧していますし、鉄道省報道官は
「中国鉄道技術は先進的で自信をを持っている」と
最悪なタイミングでナンセンスな発言をしています。

原因を究明する意志もない、大事故が起きているの
になぜか強気、臭い物に蓋をする様な態度・・・復帰さ
せたところで、誰がこんな鉄道に乗るんでしょう?
「俺達は実験台じゃない!!」みんな叫んでいます。
[PR]

by suzukiayn | 2011-07-25 19:07 | Comments(0)  

春の終わり?

春の終わり?ラグビーの春のシーズンが終わり
夏合宿からリーグ戦へ・・・久々ラグビーネタです!

今期、大学ラグビーは異変が既に起きています。
昨年一昨年の覇者、帝京大学は去年も書きましたが、
「飛ばさず」マイペースで順調に見えます。
勝ち方を熟知した感じが他校ファンからは不気味で
同志社以来の3連覇も夢ではありません。
全然順調そうに見えないのが早稲田。
ペースがあがらな過ぎです。

でも私が言いたい異変は早稲田の不調でありません。
今年目が離せない大学は「筑波大学」です。
今年の台風の目になるのは既に明らかです。
例年は対抗戦上位のうち1校に勝って4位がいいと
ころ、大体5位で選手権は東海地区の1位に勝って
どうにか出場みたいなポジションでしたが、今年は
2位あたり、ひょっとしたら1位も狙える、それ程
の実力です。

筑波大学に何が起きているのか?
私が思うに、ラグビーの強豪校って結構偏差値の高
い、文武両道な学校が多いんです。
そんな高校生は今までは早稲田や明治、慶応を目指
す傾向にあったんですが、最近、不景気も手伝って
か、国立大学志願者が増えている気がするんです。
ラグビーの強い国立=筑波(だけ)です。
早稲田や明治には特待生制度が有りますが、それに
漏れれば入れても一般と同じ、入学金等が普通に掛
かります。
だったら筑波、ここ数年、そんな流れだと思います。
その集大成が今年かな?と。
打倒帝京の1番手は筑波大学!
これ間違いなしです!!

で、我、関東学院はと言うと・・・やはり苦しい。
けれど楽しそうにラグビーをやってます。
そこ大事です。
春の内容を見ると、課題はバックスでしょう。
サイズがある下級生が増えているんですが、まだサイ
ズの無い上級生の壁を越えられない、そんな感じです。
強い時は下級生の押し上げがあり、実際に1年生から
レギュラー、なんて選手も出てきました。
今年はAチームの大半が4年生。
そんな中で1人だけ1年生でAチームで出ているのが
藤井広樹君、きっと光る何かを持っているんでしょう。
頼みは君だ!!
まだまだ全然上手くなる、強くなる!!
下級生の下克上に大いに期待したいですね。
[PR]

by suzukiayn | 2011-07-22 19:11 | Comments(0)  

魁皇

大関・魁皇がとうとう引退です。
1047勝・・・千代の富士を抜いて歴代1位に
なったばかりでしたが、持病の腰痛の悪化で
下半身に力が入らず、今場所も7敗目・・・決断
の時が来てしまいました。

23年間の相撲人生、今更その偉業を語る必要
もありませんが、本当に人気のあるお相撲さん
でしたね。
「気は優しくて力持ち」
まさにそんなイメージでしょうか?
本当に力持ちだったんですよ。
ちなみに奥様は元プロレスラーの西脇充子さん。
こちらも力持ち?

彼の得意技は「小手投げ!」
相手をねじりつぶす様な投げは腕力の強い魁皇
の最高の見せ場、朝青龍や千代大海、武双山あ
たりによく炸裂してました。
もう一度、緊張した取り組みのなかで魁皇の小
手投げを見たかった~。

本人曰く「魁皇としての相撲人生は最高でした」

これからは魁皇ではなくなってしまうんですね。
何か寂しいなぁ。

魁皇関が引退してしまうと、大関以上に日本人が
1人も居なくなります。
これは魁皇関の責任ではなく、相撲界全体の日本
人力士の問題です。
このままでは幕の内の力士が全員外国人なんて事
にもなりかねない。
琴奨菊!・・・とにかく早く大関になってちょうだい!
[PR]

by suzukiayn | 2011-07-20 17:54 | Comments(0)  

なでしこ

なでしこ・・・なんて素敵な響き・・・

見ちゃいました!サッカーワールドカップ女子!
そう!なでしこジャパン!
3時45分から!
眠かった~、けど見てよかった!!

先制され、追いつき、延長戦へ、また取られ、また追いつ
いた、そしてPK戦で逆転勝利!
気持ちよかったぁ。
PK戦前の佐々木監督の笑顔がまた良かった。
これからPKなのに全体をリラックスさせていました。

なんでも、延長戦が終わった段階で、これからPK戦なのに
「もう勝ったみたいなもんだからPKはどうでもいい」で、
一同「どっ」。
「私は蹴りたくない」と半分冗談?で言った沢選手に
「沢は1点取ったからいいか、蹴らなくて」と言ったら再度
みんな「どっ」。
後はサッカーを楽しんだだけ、勝たねばいけないアメリカの
選手とは精神状態が雲泥の差でした。
アメリカの選手はさぞかし嫌な雰囲気に包まれた敗戦だった
でしょう。

それにしてもワールドカップの覇者です!
凄すぎです、男子では考えられません・・・失礼?

東北の街に綺麗ななでしこが咲いた様な・・・素晴らしい一日
でした。
[PR]

by suzukiayn | 2011-07-19 18:43 | Comments(0)  

日焼け

娘の保育園で今年もプールが始まりました。
先日、幼稚園でプールの事故が有ったりして、親と
しては少し心配ですが、子供達は毎年楽しみにして
いますから「気をつけて!」と祈るだけです。

そんなプールですが、今年は暑いのでさぞかし喜んで
いるかと思いきや、2人そろって
「プール、嫌!」と言ってます。
「何で?」と聞くと、「肩が痛いんだもん」ですって。
確かに肩は早くも真っ黒、この暑さ、日焼けの焼け具合
にも影響有るみたいです。
私も先日、4tトラックを納車した時、車の説明を終えて
帰社後、トイレで鏡を見たら・・・顔が真っ黒、海水浴に
行って来たみたいな顔になっちゃいました。

夏がどんどん暑くなるせいか、最近Tシャツ型の水着が流
行しています。
肩を焼かない為の物と思われます。
今年、私も買いました。
娘達も既に持って愛用しています。
休みの日にプール遊びをする時は必ず着用します。
じゃぁ保育園でも着せれば?とお思いでしょうが、ウチの子
が通う保育園では「自分で脱ぎ着出来る水着を着るルール」
があるんです。
濡れたTシャツ型水着はとても1人では脱ぎ着出来ません。
それは既に確認済みです。
いちいち全員に日焼け止めなんて塗ってもくれないし。
ですから諦めるしかありません。
秋にはきっとタイヤの様に真っ黒でしょう。

何かそれも心配だなぁ・・・
ん、待てよ・・・ウチの子は双子なんだから・・・Tシャツ型をお互
いに脱がせっこしたらどうなんだろう?・・・先生、ルール違反?
[PR]

by suzukiayn | 2011-07-16 11:02 | Comments(0)  

水戸黄門

水戸黄門・・・私達が子供の頃からずっと親しんできた、
言わばヒーロー。
その水戸黄門のテレビシリーズが今回の第43部で
終了するそうです。
その歴史、なんと42年間・・・私の生まれた年から放
送していたんですねぇ。

私が一番観ていたシリーズの黄門様は故東野栄次郎さ
んのシリーズです。
東野さんは初代黄門様で69年から83年まで14年
間も演じていました。
私が最もテレビっ子だった頃です。

あの「かっ、かっ、かっ」という笑い方、それにお決
まりの「この紋所が目に入らぬか!!」の台詞、そして
たまぁにいるのが・・・
「えい、紋所など・・・こんなじじいやっつけちまえ」と
開き直る悪役・・・ワンパターンだけど面白かったぁ。
でももう終わってしまう・・・そうは言っても再放送を結
構やってますからねぇ。
見直してもきっと面白い、水戸黄門は永遠のヒーロー
です!
[PR]

by suzukiayn | 2011-07-15 17:42 | Comments(0)  

脱原発

菅総理が唐突に脱原発宣言です。
代替案も無いまま、原発を減らす、或いは無くす事だけ
を宣言してしまった菅総理の行動が理解できません。
それも自身が近々退陣する事も決まってしまっている中
での唐突な宣言ですから尚更です。

さて、原発をなくすとどうなるか?
まず火力発電所が増えます(再稼動)。
石炭などの燃料が必要な火力発電はコストが高く、また
環境に優しくない。
すなわち電気代が上がり、空気が汚れる。
京都議定書で日本はCO2を減らす宣言をしています。
その宣言は事実上棚上げになります。

風力、水力はどうか?
クリーンで安全ですが安定感に欠けます。
無風では発電しない、水不足でも同様・・・それでは日々
不安です。
今流行の太陽光、こちらは初期導入コストが高く、実施
出来る人、企業が限られますし、こちらも雨天、曇天で
は発電しません。

次の案を何も提示せず、
「今の節電を続ければ原発無くても大丈夫」
ではもはや他人事のように聞こえます。
計画停電の可能性も残る中、初めから
「23区は対象外」と言われると「大丈夫」の聞こえ方も
違ってきます。

日本の産業は電気の供給状態にかなりの影響を受けます。
このまま安定しない電力状態が続けば、日本から工場が
徐々に減り海外生産へ、すると失業者、就職浪人が増え、
海外に働きに行く人も増え、日本の産業は砂漠化すると思
います。

私はより高い安全基準を課して今の原発を維持すべきだ
と考えます。
その上で、潮力、地熱等の新たな発電を早急に整備して、
原発への依存度を徐々に下げる対策を執るべきです。
[PR]

by suzukiayn | 2011-07-14 18:57 | Comments(0)