尾崎 豊

今日は尾崎 豊さんの25回目の命日です。
あれから四半世紀、彼の映像は若いままですが
私達は25歳も歳をとってしまいました。
27歳でこの世を去ったんですから若いはずです。

私世代は尾崎どっぷり世代、彼の心の叫びの様
な歌声、少年の心の葛藤を歌った歌詞、好きで
したねぇ。

私自身も中学生の時に訳も無く直結した原付バイ
クを路地裏で乗ったりしていましたから。
「15の夜」を聞いた時、本気で「俺の事見てた?」
と思った位です。

「卒業」と言う歌も心に残りました。
束縛から放たれたくても、放たれた自分がどうなって
しまうのか、何処へ行ってしまうのか…ふと考えたり
しましたからねぇ。

つまらない言葉に傷ついたり、受験を迎えて将来
を不安に感じたり、自由にならない今を嘆いたり、
そんな時には当然恋が上手くいかなかったりと。
尾崎の言う事、全て理解できる気がしました。

そんな尾崎の一言、一言を心に響かせて青春時代
を生きていました。
今聞くとただ切なくて、そんな尾崎の死がまた悲
しくて…涙が出てしまいます。

また彼の息子の尾崎裕哉さんが歌う父の作った歌
はそのDNAをまともに見せつけられて、また
涙です。
おじさんは涙もろくていけません!

あれから25年、尾崎の歌を素通り出来ずに今も
よく口ずさんでいます。

♫盗んだバイクで走り出す~行く先も分からぬまま~♪
[PR]

by suzukiayn | 2017-04-25 16:08 | Comments(0)  

<< 北海道 動物愛護 >>