マイク・ベルナルド

先日、田子の浦親方(元久島海)が虚血性心不全
で亡くなり相撲ファンとしては鳴戸親方に続き残
念な思いでいっぱいです。
当初、吐血して倒れたとの報道でしたが、倒れて
口の中を切って出血したようです。
f0167905_15345170.jpg
入門当初の久島海は怪物と言われ、鳴り物入りで
関取になりました。
高校生でアマチュア横綱になった逸材でしたが、
プロでは前頭までで、とうとう三役には手が届き
ませんでした。
200キロあった体重を大分絞って最近は別人の
様に見えましたが、実際には体調もあまり良くな
かったようで、やつれていたのかもしれません。
親方として第二の相撲人生はまだまだこれからだ
った46歳・・・残念でした。

格闘技界でもう1人訃報が・・・
K1ファイター、マイク・ベルナルド・・・彼もまだ
42歳でした。
最近、精神的に病んでいて自ら命を絶ったそうです。
f0167905_15334042.jpg
彼の全盛期はアンディ・フグ、ピーター・アーツ、
アーネスト・ホーストとで「K―1四天王」と言われていました。
デビュー戦でアンディ・フグをハードパンチでKOした彼はK1の全盛期の堂々中心を走っている選手でした。

得意はパンチ。
元ボクサーでしたので、そのパンチの威力、テクニックはK1トップクラスでした。
ただ、反面、ボクサーの悲しい性で、キックを受ける事を露骨に嫌う点が顕著で、足を狙ってのキックで間合いを取られると、踏み込んでのパンチが打てなくなり勝率が急落してしまいま
した。

6年前に引退してからは後進の指導にあたっていて第二
のK1人生、これからという時だったず・・・本当に残念
です。

格闘技界に何か明るい話題はないんでしょうか?
[PR]

by suzukiayn | 2012-02-15 15:46 | Comments(1)  

Commented by suzukiayn at 2012-02-21 11:55
久島海さんは本当に残念でしたね。
アマのタイトルを総なめにし、プロでも相撲に対する取り組みは真面目だったそうですね。
それでも最高位は前頭筆頭まで・・・その悔しさは後進で
と思ったはず・・・無念でしょうね。
最近のアマチュアは生涯アマみたいな人も増えていますね。
でも、アマチュアのトーナメントって凄く面白いです!
大きな大学生を百戦錬磨の小柄な社会人がコロッと投げ飛ばすとそれはもう気分爽快です。
立会いの駆け引きが少しやりすぎな気はしますけど。

<< 1円玉 千石先生 >>