復興支援試合

先日書いたラグビーチーム・釜石シーウェーブス
が震災後初めて試合をしました。
それも我母校関東学院大学とです。

この試合は第46回IBC杯ラグビー復興支援試合
ということで、仮設住宅で暮らす被災者の方など
を無償で招待し、大勢のラグビーファンの集まり、
また、多くの大漁旗が上がる盛岡南球技場で行わ
れました。
みんなこの日を待っていたんですね。
シーウェーブスのメンバーは練習どころでは無か
ったはずですが、そこはプロ(数名だけ)。
しっかり準備して気合を入れて仕上げてきた感じ
です。

シーウェーブスの初戦になぜ関東学院が選ばれた
のか、本当の理由は知りませんが、恐らく、現ヘッ
ドコーチの池村章宏さん、キャプテンの佐伯 悠選
手がともに関東OB、そんなことから今回の相手に・・・
となったと思われます。
現役、OBがスクラムを組んだという事ですね。
ずっと観ている私にとって、感慨深い物があります。
そして、これは名誉な事でもあります。
関東学院側もシーウェーブスに感謝しなければいけ
ませんね。
先輩が胸を貸してくれるんですから!
もちろん感謝したでしょうけど。

内容はまだシーズンインしたばかりの大学生チームで
は相手にならず、結果は関東完敗でしたが、下を向く
必要はありません。
盛岡のラグビーファンは目の肥えたファンですから分
かってます、ラグビーは甘くない、学生はこれから強
くなると。
そして、きっと感謝もしてくれたはずです、遠路遥々
ありがとうと。
東北の皆さんに関東学院も頑張っている姿を見せれた事、
上のレベルを体感できた事は必ずプラスになります。
今度対戦する時は恩返し、そうリベンジです!!

なんだか、関東学院寄りの話になっちゃいましたね・・・
シーウェーブスももちろん頑張れーーーー!!
[PR]

by suzukiayn | 2011-05-16 18:43 | Comments(1)  

Commented by まろ at 2011-05-18 00:46 x
でも関学がんばれーって、あれ?

<< 阿蘇山 世界卓球 >>