市民ランナー

マラソン界に衝撃です。
27日の東京マラソンで、埼玉県立春日部高校の
定時制で事務職を務める川内優輝さん(埼玉陸協)
が2時間8分37秒で日本人トップの3位になりま
した。
同時に8月に韓国で行われる世界選手権の日本代表
にも選ばれました。

この方、普段はもちろん公務員です。
実業団の選手のように仕事=練習と試合ではありま
せん。
仕事=公務です!

何が衝撃って、そんな市民ランナーに実業団の選手
が誰も勝てなかったと言う事、これはまずい!
実業団!何やってる!!
と言っても記録も8分代と好成績でしたから、本人
の努力が誰よりも勝ったと言うしかありません。

この川内さん、練習での月間走行距離は600キロ。
これは実業団に比べるとかなり少なめだそうです。
(・・・毎日20キロ走っても少なめ・・・みんな走りすぎ
では・・・)
ただ、仕事はお昼から夜9時までだそうで、走ってい
るのは午前中だけ、仕事前に毎日20キロ走るんです
から、精神的にかなりタフですよね。
少ない距離だからこそ無駄な練習は出来ない・・・
その辺が勝利の秘訣でしょうかね?

彼の負けん気の要因がもう一つ。
高校生の時に父親を亡くしていること。
このお父さん、夜遅く帰ってくる息子を丹念にマッサ
ージしてくれる優しいお父さんだったそうです。
そんなお父さんへの恩返しの気持ちもあるでしょう。

本人曰く
「お金を貰って走るのではなく、払って走っている、
だから負けられない!」
と言っているようですが、充分貰って走れる気がしま
すけどねぇ。 
そこをあえて貰わないで市民ランナーを貫く、公務員
父の為、そんな総合体ランナー川内優輝、本当の衝撃
はこれからかもしれません!!
[PR]

by suzukiayn | 2011-02-28 11:32 | Comments(2)  

Commented by sakanoueno-kumo at 2011-03-02 10:56
はじめまして。
川内選手の走り、見事でしたね。
TBさせていただきます。
Commented by suzukiayn at 2011-03-03 18:00
その川内選手に最後かわされた尾田選手は我が母校関東学院のOBですから・・・ちょっと複雑かな?
尾田選手!次は負けるな!!

<< 代表スコッド クライストチャーチ >>