リリース・レター

久々にラグビーのお話です。
ラグビーのトップリーグでは他のチームに選手が移籍
した場合、前に居たチームから許可証のようなものが
出ないと、一年間新しいチームで試合に出れません。
この許可証をリリースレターと言います。
要するに前のチーム(会社)を円満退社して来ないと、
一年間、練習だけで、試合に出れない訳です。

今年、トヨタ自動車ヴェルブリッツから神戸製鋼コベルコ
スティ―ラーズに正面健司選手が移籍しました。
この正面選手、東海大仰星高校時代、1年生からバリ
バリのレギュラーで、卒業後は同志社大学へ、そこでも
ずーっとレギュラー、言わばエリートです。
彼のプレーを楽しみにしているファンも多いんです。
そんな彼が、ラグビーだけに専念出来るプロを目指した
いとチームに掛け合いましたが、ヴェルブリッツは外国人
選手以外はプロを認めておらず、決裂、円満に移籍が成
立しませんでした。
リリースレターが出なかった正面選手はスティ―ラーズに
所属しましたが、試合には一年間出れません。

アマチュアとプロを融合させているラグビーならではの独特
な制度ですが、少し時代遅れの感じもします。

それに比べ、サッカーの移籍の活発なこと!
明日は今期の移籍許可最終日なんですが、ギリギリの今日
ガンバ大阪から外国人FWのレアンドロがカタールに移籍、
何でカタール?!!
そのガンバが今度は新潟アルビレックスのFWジュニオール
を引き抜き返し、新潟は補強する時間無しですよ。

私は少し古臭くても、ラグビー位の感覚で、新旧両チームが
納得いく移籍が望ましいと思います。
難しいんでしょうが・・・
[PR]

by suzukiayn | 2009-08-27 13:58 | Comments(1)  

Commented by at 2010-01-26 22:26 x
正面だけでなく、伊藤鐘もリリースレターが出ずに今シーズンは出られません。
ただ、出られないのはトップリーグなど公式戦の話であって、日本代表に選出されれば日本代表としての試合は出られますよ。
2人とも正規雇用での社員を選んだものの、プロ契約選手が良いと思って移籍を希望しましたので、それでもプロが良いと思うって事は、試合に出られなくてもそれなりの報酬が得られているはずだから、ぜんぜん同情しませんよ。

サッカーの場合は下部リーグに流れる選手が結構いますけど、実はラグビー以上に報酬は恵まれていない分、移籍の自由があっても良いと思います。

<< マジック26 姫路城 >>